谷川・赤谷川笹穴沢

2002年10月6日(日)
L佐藤、大塚

前夜、上牧駅の待合室で仮眠。なかなか快適。

川古温泉先のゲート前にレンタカーを駐車し赤谷林道を歩く。林道終点から赤谷川に降りると対岸が出合。溯行を開始する。

入渓して直ぐの2〜3mの小滝群はまとめて左岸を小さく巻く。下流部は小滝とゴーロといった渓相で全体的に開けていて明るい。
金山沢を分け4m滝、5m滝を越えて行くとナメ床が30m程続く。この辺りは紅葉も見頃で気持ち良い。
7×10mナメ滝、4m滝を越えると右岸から40m程の涸滝を懸ける支流が入る。本流も6m滝、ナメ、5m二条滝、ナメ、4m滝と続き飽きさせない。

両岸がスラブ状の中を進んで行くと25m滝が現れる。水流を避け左側のフェースをザイル出して登る。傾斜はそれ程きつくなく簡単だ。
続く30m滝は水流右側からザイルを引いて取りつく。下段はホールド、スタンス共に豊富で問題ない。中段の3分2程の場所にハーケンを打ち込みランニングビレーを取り上部のテラスに達するが、落口まで登るにはザイルの長さが足りないのでここでピッチを切る。
ブッシュで支点を取りセカンドの佐藤さんがハーケンを回収し、そのまま落口に達した。
滝上は大ナメ。両岸のスラブ、紅葉、延々と続くナメ・・ 清らかな流れの中で過ごす至福の一時。
15m滝を左から越え、なおも続くナメ床歩きを楽しみ、4m滝、8m滝を簡単に越えると最後の二俣。左に進むとやがて笹の中に水流は消え、平標山下の登山道にツメ上がった。

大源太山をへて川古温泉へ下山。体調不良の私は(別名運動不足とも言いますが・・)佐藤さんに大幅に遅れをとってしまい、懐電での下山になってしまいました。(記:大塚)

《コースタイム》
川古温泉先ゲート(7:45)—林道終点(8:55〜9:00)—金山沢出合(10:05〜10:15)—30m滝下(12:10〜12:40)—最後の二俣(14:25〜14:30)—登山道(15:05〜15:10)—渋沢林道(18:00)—林道ゲート(20:00)

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください