尾瀬・鳩待峠〜山ノ鼻〜赤倉岳

2003年4月26日(土)〜27日(日)
L戸ヶ崎ヨ・満田・増田・長南・関・戸ヶ崎マ

2003/04/26 尾瀬:赤倉岳

4月26日(雨のち曇り)
ゴールデンウィーク前半は、尾瀬の春スキーである。一昨年のこの時期、平ヶ岳を目指した。が、(かなり)手前のススヶ峰から西にのびる赤倉岳ルートにはまったのである:

1.ススヶ峰から鞍部までのウホホ滑り、
2.鞍部は平ヶ岳から楢俣沢源頭を望む最高のテン場、
3.朝一番の赤倉岳のワハハ滑り。
そこで今回、はじめから心が向かう先は平ヶ岳の展望テン場である。

出鼻をくじいたのは、戸倉から3時間半の林道歩き。まだ5月前なので、一応覚悟の片すみに入っていたものの、すでに開通したと聞いていた。ところが直前の雪崩で開通見合わせとなったのだ。
4月になって暖かい日が続いたせいか、雪解けが早い。戸倉ゲートから2時間弱の津奈木橋からやっと雪の斜面だけひろってスキーをはくが、またかつぐはめになる。顔を出したてのミズバショウの白い苞や、美しくけぶる柳の芽吹きをなぐさめに歩く。

オープンの準備に追われる鳩待山荘を横目に、いよいよ山ノ鼻への下降である。
車で鳩待峠まで来て早朝から下降した一昨年はひっかかるようなアイスバーンで怖かったが、今回はゆっくり昼前からのスタートで、雪もこなれソフトな感じである。

慎重を要するスノーブリッジの沢の渡渉や、斜面のトラバースが数ヵ所あるが、難なく通過し、山ノ鼻で昼休み。
一時晴れかかった空も擬似好天だったとみえ、今はすっかりガスにつつまれた白い尾瀬ヶ原のど真ん中を進み、さらに猫又川の右岸をたどる。
カラマツがうっすらと黄緑色に縁取られている。至仏山の滑走ルートのムジナ沢を越え、少し緊張を要する斜面をトラバースすると、柳平の穏やかな空間である。フタマタ沢左俣に沿い、雪原のどん詰まりにたどり着く。
いつものように、ここで右岸に立ちはだかる尾根を見上げ、どこからとりついたものか・・・戸ヶ崎リーダーが偵察に行く。やはり今度もフタマタ沢左俣右岸尾根の右側の斜面からとりつくことにする。主尾根までは200mの登りである。
やっとこさで右岸尾根にのり、さらに主尾根を目指すものの、満田さんと私が遅れ気味、特に私はばてばてである。先を行くテレマーク組+長南さんが、「あー、寒くなった」と言いつつ待ってくれているところへ、汗かきほてり顔の残り組が追いつくといういやなペースができあがってしまった。

山スキーの重い足をふりあげ、ススヶ峰に続く主尾根にのった時、「ここをテン場にする」とのリーダー宣言はありがたかった。ここで16時。17時までがんばれば、目指す赤倉岳鞍部のテン場までたどり着けないことはないのだろうが、なにしろ私がばてていたので、無理をしないことにしてくれた。

オオシラビソに風を遮られたなかなかよいところである。エスパーススーパーライトに6人が肩よせ食事、林道のフキノトウをさっそく長南さんが味噌和えしてくれ、風味を楽しむ。夜行の睡眠不足でさすがに今夜は早めにテントを分け寝静まる。

4月27日(曇りのち快晴)
昨日来の不安定な天候。回復に向かう予報だが、今朝も遠景はガスに包まれる。
赤倉岳往復は、眺望なしでは意味がないということで、ゆっくりと朝の時間が過ぎる。と、戸ヶ崎ヨのテレマーク仲間の守屋氏がテントに声をかけてくる。昨日は鳩待峠までの林道歩きしかけたが引き返し、富士見峠入りとし、フタマタ沢をベースに、今日は悠々平ヶ岳往復という。

そうこうしているうち、雲間から青空が広がってきた。出発前の雉場からは楢俣川源頭の大展望がすばらしかったそうだ。
ススヶ峰手前から左へそれるところで、シールを外し、平らな斜面を横切って赤倉岳への枝尾根に合流する。雪質も上々、快適な滑りを楽しむ。じきに一昨年のテン場、赤倉岳鞍部に到着。
ふと前方に守屋氏と連れが・・・。平ヶ岳方面の雲がとれないためこちらに変更したとか。が、なんのことはない、天気はみるみる快方へ向かい、眼前に平ヶ岳が大きく望める。

出発がゆっくりだったため、残念ながら時間切れ。赤倉岳の途中まで登りそこからの滑りを楽しむ数名。見守る数名。ここにもう一泊できたらと惜しみつつシールをつける。

快適な滑りのあとは辛い登りが待っている。今回ほどテレマークスキーの軽快さに魅せられたこともない。登りはぜひテレマークがよい。滑りはまずは地獄を見るとしても。それぞれ3年目、2年目の増田さん、関さんの上達ぶりには驚嘆する。急斜面ではこけるとしてもふたりとも以前より格段に速いし、ターンも決まっている。

テントを撤収し、往路を戻る。すぐフタマタ沢左俣右岸尾根を下降するのだが、尾根の真ん中を滑っていくと、つい右寄りにそれていってしまう。今回も途中で気づき左方向へと軌道修正。右方向へ行ってもいけないこともないのだろうけど、沢が出てたり、渡渉する事態を避けたいからと戸ヶ崎リーダーの弁。

最後の急斜面で満田さんが大きく転倒、左膝が一瞬よくない感じになったとのこと。小休止しテーピングする。幸い大事に至らなかった様子、残すルートも柳平と尾瀬ヶ原という、勝手知ったる雪原歩き。
鳩待峠までの上り返しは最後のひとふんばり。鳩待峠周辺で、フキノトウを土産用に十二分に採る。ここからまた林道歩き。テレマーク組+長南さんは途中部分、津奈木橋までをスキーで林道をカット。戸倉ゲートにたどり着いたときは本当にお疲れ様、それぞれに痛む足をさすっていた。(記:戸ヶ崎マ)

<<コースタイム>>
4月26日 7:00 戸倉ゲート発〜 10:30鳩待峠 〜 12:00山ノ鼻〜14:00フタマタ沢左俣〜16:00主尾根1800m泊場
4月27日 8:40発 〜赤倉岳方面往復〜 10:20 泊場〜11:35フタマタ沢左俣〜12:45山ノ鼻 〜 15:00鳩待峠 〜 18:00戸倉ゲート

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です