朝日・三面川末沢川

2003年8月13日(水)〜17日(日)
L増田、長南、大塚、関

2003/08/13 朝日:末沢川

末沢川を遡行し、岩井又の畑沢に下降して一昨年の雪辱を果たそうと目論んだのだが、時間切れで末沢川のみとなった。しかし末沢川は噂にたがわぬ美渓で、充実した山行ができた。

8月13日(水)晴れ
小国からのタクシーの運転手は5年前と同じ「大蛇親父」だった。このおっさんしかおらんのかいな。入渓点に少し戸惑う。徳網の集落から3番目の堰堤の上から荒川に入る。夏の日差しに水の流れがエメラルドグリーンの輝きを発して美しい。川原でひとしきりイナゴ取りをした後対岸に渡り、踏み跡を堰堤のほうへ下ると、そこから明瞭な踏み跡が稜線に伸びている。いきなりの急登はきついが30分程で稜線に出る。左に寄りすぎて鞍部に出てしまったようなので、710.4mピークの方向に向かってしばし稜線の薄い藪を歩く。しばらくして再び踏み跡を見つけ、そこから踏み跡をたどって柴倉沢に下る。しばし休憩の後、少し下ると末沢川に出合う。

末沢川の下流部は瀞・淵を交えた美しい流れで我々を魅了する。やはり三面川と雰囲気が似ている。小帯沢を越えた辺りから滝が出始める。4m、3mトイ状を超えると、まるで屏風を立てたようなきれいな4m滝に出合う。円形広場のような川原が広がっていて、絶好のテン場なのだが、ここでは後工程が辛そうなので、誘惑を振り切って通過する。その後もテン場適地が何ヶ所かあったが、結局彦七沢を超えたあたりを今日の泊場とした。ここまで滝はあまり無かったが、股上のつかりはあり、晴れとはいえ気温が割合低く結構疲れた。しかしいい天気で焚火もでき、まずは出足順調といった所か。

8月14日(木)曇り時々雨
今日は予報では午後から崩れるとのこと。できるだけ前に進んでおきたいが、上部のテン場情報が不十分なため、どの辺りまで進むのか、行ってみてからの判断だ。

テン場のすぐ上に4mの幅広の滝、その上には6mの滝と昨日とは変わり、少し滝が増えてきたようだ。コタテボリ沢を過ぎると両岸が開けたすり鉢の底のような地形となり、両岸は草付の壁となる。朝日によく見る逃げ場の無い地形だ。ミテ沢からウデコエ沢の間は、ゴルジュの中の廊下状の水路が点在する。晴れて暑ければ気持ちいいのだろうが、小雨模様で気温も低い今日のような日はあまり楽しむ気になれない。

ここから幾つかの5mクラスの滝を直登していく。今回の直登隊長大塚さんが積極的にトップを取る。岩質はよくわからないが、フリクションがよく効き登りやすい。高巻きはあまり大きなものはないが、これもやはり朝日特有のズルズルの草付高巻きである。川前沢を過ぎると再びゴルジュとなり、小滝が頻繁になる。幾つかの小滝は、濡れるのを避けてその脇をすり抜けるような感じで高巻いた。思ったより工程がはかどらず、地形図の変わり目の当たり、右岸から枝沢が入ったすぐ上で本日の行動を打ち切った。

小雨がそぼ降る中、テン場にあったミズナラの大木を燃やし盛大な焚火となった。炎の高さ2mにもおよぶまれに見る焚火を残念そうに離れたタープの中から眺めているだけの我々であった。この日は寒く、夜中に何度も目がさめた。途中から雨が止んだので、私は焚火の傍に移動して寝た。

8月15日(金)曇り時々雨のち晴れ
テン場上からゴルジュの中に3、4mクラスのCS滝が連続するが、そのほとんどは直登可能。900mの二俣は前衛に2条に分かれた5mの滝があり、左のトイ状を這い蹲るようにしてずり上がる。奥の30mの滝は右側のスラブを登り、途中からブッシュを伝って中段のテラスに立つ。そこからは長南さんリードで水線右を登る。左俣はそこからさらに10m+10mの滝を落としており、上部を伺うことはできない。二俣の上で昼食休憩。この時点で畑沢は無理そうだと悟る。そこから先は特に困難はない。雨が上がって時々雲が切れ青空が顔を出す。4〜5mクラスの滝を快適に超えていく。

1100mの二俣に着いたのが14:30。ここで畑沢下降を諦める決断を下す。ここからは勾配が増し、斜瀑やトイ状の滝を連続させながら急速に高度を稼ぐ。源頭部の草原泊まりを覚悟していたのだが、1300mあたりで泊まれそうな所を発見し、大規模造成工事を行って一夜の宿を確保した。下流方向が開けた眺めのいいところで、雲もすっかり切れて久し振りに夕焼けを見た。さすがに焚火はできず、今回の山行でもっとも寒い一夜となった。疲れていたせいか、飯を食ったら酒もそこそこにすぐ寝てしまった。

8月16日(土)晴れのち曇り
朝から快晴。「何でヤブコギの日に限って・・・・・」。テン場からはナメとナメ滝を連ねて一気に稜線まで上っている。源頭部で最後の水を汲み、草原でしばし休憩。遠くに飯豊連峰を望む。横になると頬をなでる風が気持ちいい。しかし天国はここまで。

なるべく藪の薄いところや沢型を拾って稜線に到達。そこから袖朝日まで1時間半のヤブコギ。袖朝日は眺めのいいところだ。東に荒川から大朝日、西に岩井又川と対岸の稜線を望む。荒川側の切れ落ちが圧巻。

今回のヤブコギで発見したことは、樹種によって難易度が全く違うということ。ナナカマドは木が細くまっすぐ伸びているので容易に掻き分けられる。以下、長南さんの言葉を以下に引用します。

【知識】
今回の場合、種で言うと難易度は、バラ科<ハンノキ科<カエデ科<ツツジ科て感
じですか。
■主だったもの
・ナナカマド(バラ科) 容易:枝が曲がりやすく下草も少ないので楽。ヤブが濃く大変な時ナナカマドが見えたら突っ込むべし
・ヤハズハンノキ(ハンノキ科) やや容易:身体が絡まることがなくナナカマドよりは硬いが力を入れれば枝も分けれる
・ミヤマナラ(ブナ科) やや容易:稜線ではあまり高くならないので楽。ただ密になると少々厄介
・ミネカエデ(カエデ科) やや容易:枝が硬いが身体が絡まることもなく高くなるのでそれほど厄介ではない
・ミネザクラ(バラ科) やや難:枝が硬く突起が痛い。また枝がまっすぐに伸びず分けにくい
・サラサドウダン(ツツジ科) 難:枝が先端に行くほど細かくなり厄介
■その他に場所によりあったもの
・チシマザサ(ネマガリダケ)(イネ科) 難:背が高くなり堅いと厄介。特にトラバースは面倒。だが今回は背が低く柔らかかったので分けやすかった
・シャクナゲ(ツツジ科) かなり難:密になると身体にからまり厄介。今回は少なかった
・ハイマツ(マツ科) かなり難:枝が硬く身体にからまり厄介。今回はほとんどなかった
・タニウツギ(スイカズラ科) 容易:あまり密にならずまた枝も柔らかいので楽。今回は一部だけにあった

石楠花は全く刃が立たないので避けるべき。長南さん曰く「迷った時はナナカマド」。予めかなりの困難を覚悟していたので、「天国のヤブコギ」も思った以上ではなく、稜線に出てから約6時間で踏み跡のある1813.7mのピークに到着してヤブコギを終了。西朝日〜竜門〜日暮沢小屋というルートで下山し、夏合宿が終わった。

日暮沢小屋に着いたのは20:30。いじわるな先着者を避けて外で食事をし、12:00就寝。
8月17日(日)曇り

昨年同様に予約していた西川町営バスで月山口まで行き、そこからタクシーで水沢温泉(路線バスは待てども来ず、ここで1時間以上ロス)。風呂上りに蛙の子でビールと食事(鴨うどんが絶品)。高速バスで山形経由で帰路に着いた。ここでの教訓=新庄始発の新幹線は絶対無理。たとえ2時間待ちでも山形始発に乗るべし。(記:増田)

《コースタイム》
8月13日:堰堤上入渓(9:20)〜稜線(10:20)〜柴倉沢(11:30〜12:40)〜小帯沢出合(13:40)〜彦七沢上流のテン場(16:20)
8月14日:テン場(8:30) 〜コタテボリ沢出合(9:00)〜コワキ沢(11:45〜12:25)〜川前沢出合(14:30〜14:50)〜テン場(16:30)
8月15日:テン場(7:10)〜900mの二俣(10:45〜12:10)〜1100mの二俣(14:30)〜テン場(16:20)
8月16日:テン場(7:05)〜稜線(9:00)〜袖朝日岳(10:30〜11:00)〜1667m(12:20〜12:43) 〜1691m(13:40〜14:00) 〜1813.7mピーク(14:50〜15:25)〜西朝日岳(15:40)〜竜門山(16:20〜16:55)〜清太岩山(17:40〜18:10)〜日暮沢小屋(17:30)

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です