南会津・檜枝岐川上ノ沢〜大津岐川大沢岐沢下降

2003年9月14日(土)〜15日(日)
L増田、戸ヶ崎洋、戸ヶ崎真、関

前夜、21時過ぎに蓮田を出た戸ヶ崎号が、西那須野ICを降り、塩原温泉を通過し、横川集落のはずれにある「ホテル男鹿高原」へ到着したのは0時ごろだった。ささやかに飲んでから就寝。

翌朝5時半に出発し、駒ケ岳登山口近くの駐車場で準備し、7:40登山口を出発。ほどなく上ノ沢の出合いとなる。出合いからしばらくは左岸についている道を拾っていく。途中ところどころ見失いつつも、道は1200m付近で右岸に渡るあたりまで続いている。ここまでの途中、左岸が開けた台地状の所があり、探せばきのこがありそうな雰囲気だが、今回は行程が厳しいので寄り道をしている時間はあまりない。それでも途中で平茸をゲット。
沢は苔むしたゴーロで滝もなく、あまりぱっとしない渓相だ。それでもまあ天気はいいし、緑はきれいだし、爽やかだと思い直して先へ進む。カワゴイワ沢を分け、1450m付近で本流から別れて右に入ってもここまで一つも滝にお目にかからない。目指したのは稜線上の1921m直下の鞍部であるが、そこまで出合った滝は3つほど。沢登りの対象としては面白い所ではない。水がなくなってから若干の笹薮漕ぎで稜線に出る。稜線は草原と池塘がありなかなかきれい。

平凡な沢だったが、時間は結構かかり、すでに14:30を回っている。このまま下っても予定
地点まで行けるかどうか。大沢岐沢を下るかどうか考えたが、ヘッデン覚悟で予定どおり行くこととする。

大沢岐沢側の源頭部は針葉樹林で足元が笹薮となっている。沢は石が黒くぬめって滑って歩きにくい。ところどころ踏み跡のようなものはあるが、あまりスピードは上がらない。上ノ沢に比べると滝は多いが、ぬめって滑る岩なのであまりきれいでもなく快適とはいえない。なかなか目指す合流点に到着しないままついに暗くなってしまった。しばらくヘッデンを出して歩いてみたが、暗く危険なので右岸に見つけたテン場で行動を打ち切る。

タープを張り焚き火に火がついて、落ち着いたいつもの時間が訪れる。途中で採った平茸となめこ入りのなべをはじめとし、豪華な食事に舌鼓。

明日計画していた串ヶ峰沢は、ここまでの行程的な遅れやメンバーの疲れ、記録のない沢であることによる不確定要素などを考慮して中止し、大津俣ダムから送電線巡視道を七入へ越えることとする。
せっかくの快適な焚き火だったのだが、途中で雨が降り出しタープの下に逃げ込む。タープの中から焚き火を見ながら寝転んで酒を飲もうと思っていたのだが、疲れていたせいかあっという間に寝てしまった。

翌朝は小雨模様。道を行くので気楽ではあるが、行程は長いのでそうのんびりもしていられない。テン場のすぐ下に8mほどの滝があった。右岸から巻いて降りられるが、暗い中では難しかったと思われ、夕べはあそこで打ち切って正解だった。その滝の下ですぐ赤柴沢と出合う。そこからの沢の下りは滝のないゴーロ歩きだ。なかなか林道に出合わないなと思っていたところ、真理子さんが右岸に林道を見つけ遡行終了。

大津俣ダム下からの送電線巡視道への入り口が見つからず、そのまま林道を御池まで抜けることにする。距離は御池まで約14kmと非常に長いが、高低差は山越えの半分程度。結局半分くらい歩いて国道352号線に出た直後に親切な登山者(女性の単独行者)に拾ってもらい、なんと駒ヶ岳登山口の駐車場まで送っていただくという幸運に恵まれた。「わしらのような汚い沢屋になんちゅう暖かいお方。」一同感謝感激したのであります。おかげをもって2時には「燧の湯」、3時には「開山」でそば&ビールという夢のような結末となった。

今年は南会津で記録をあまり見ないところという観点から、6月に明神ヶ岳周辺の沢に行き、7月に今回のところを計画したのだが、雨による増水で中止。その後8月の終わりに再度計画したが、そのときは仕事の都合で中止。そしてやっと今回実現の運びとなった。しかし3度も挑戦した割にはあまりぱっとしない沢だった。串ヶ峰沢は登山体系にも記録がないのでこれを残したのは残念だったが、またいつか来ることもあるだろう。御池から大津俣ダム上の林道終点まで車が入れるので、周辺の沢と繋ぐ計画を立ててもいいかもしれない。(記:増田)

《コースタイム》
9月14日:駒ケ岳登山口(7:40)〜カワゴイワ沢出合 (10:30)〜稜線 (14:20〜14:45)〜大沢岐沢テン場(19:00)
9月15日:テン場(7:50)〜林道[遡行終了] (8:45)

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です