吾妻・グランデコスキー場〜西吾妻山〜二十日平

2004年2月14日(土)〜15日(日)
L長南、戸ヶ崎よ、満田、関

2004/02/14 吾妻:西大巓

2月14日(土)晴れ
新幹線と磐越西線快速を乗り継いで、猪苗代駅からは無料送迎バスでグランデコスキー場へ。午前10時到着とは快調なことだ。のんびりと身支度を整え11時にゴンドラ乗車。更にリフト1本乗り継いでスキー場の最上部。

無風快晴。天気予報では夕方から低気圧の通過で大荒れになるらしい。先行者のトレースあり。熱さのためペースはゆっくり。スノボのパーティもほぼ同じペースで登っている。縦に割って山スキーのように登るスノボを初めて見た。
一汗かいてやれやれといったところで尾根に乗っ越すと視界が急に開ける。西吾妻山やその先の方までよく見えて爽快。ここで西大巓から滑り降りて来たパーティとすれ違う。西大巓を東側からトラバースせず頂上を経由することとした。トラバースのトレースはあったが雪崩の気配があるのと、頂上のほうが気持ちよさそうだった。
少しの登りで西大巓山頂。風をよける場所を見つけて小休止。スノボパーティはここから戻る由。我等はシールのまま西吾妻山との鞍部まで滑降。雪質は上々。広い鞍部から樹氷を縫いながら西吾妻山を目指す。ルート選びには若干のコツが要る。
西吾妻小屋を左に見てルート確認。ここから一登りで西吾妻山であるが、山頂へは行かずに西からトラバース。ここでシールを外していよいよ滑降。広い斜面でテレマークを決めながら(たまに転びながら)の滑降は快感である。西側の中ノ沢に落ち込まないようにルートを気にしながら滑る。あまりの好天に雪が重くターンが決まらなくなる。皆、疲れから段々ペースが落ちて来た。長南氏はペースよりもテレマークターンにこだわりがあるようで遅々として進まない。きっとターンの極意を習得した暁には我等をぶっちぎることだろう。日没のため目標の二十日平をあきらめ広いところを見つけて幕営。結局今日1日良い天気だった。夜から雪本降り。

2月15日(日)雪
昨夜からの雪は湿っていて重い。今日はほんの少し滑って目と鼻の先のグランデコに滑り込むだけ。余裕からかのんびり支度して遅い出発。
以前、西側の中ノ沢に近付いた経験からやや東寄りに進んだが、今度は東に寄りすぎたようで二十日平の東側の窪に出てしまった。早めに気がついたので軌道修正がうまくできた。中ノ沢の徒渉点の雪の橋を恐る恐る渡ったところがグランデコ。簡単ながら気の抜けないコースである。(記:戸よ)

(コースタイム)
[14日]グランデコスキー場(11:00)〜(11:30)リフト終点(11:45)〜(13:00)西大巓(13:10)〜(14:30)西吾妻山直下(14:50)〜(17:00)1600m幕営
[15日]1600m(10:00)〜(11:45)二十日平〜(12:50)グランデコ

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です