南会津・三岩岳

2004年3月13日(土)〜14日(日)
L増田・長南・満田・関・古川原

2004/03/13 南会津:三岩岳

当初計画段階では駒ケ岳まで縦走する予定だったが、出発が土曜朝になった段階で大戸沢岳あたりから嫁郷に下るルートがエスケープルートに盛り込まれ、結局は天気が悪く避難小屋までのピストンとなった。

浅草6:20発の快速で会津高原へ。9:50発の桧枝岐行きのバスはほぼ満員だったが、大半はたかつえスキー場で下車していった。天気は予想に反して非常によい。バスを小豆温泉へのスノーシェード手前で降ろしてもらう。暑いぐらいの陽気だがフキノトウはまだ雪の下で今晩のフキ味噌はお預け。

今年も黒檜沢左岸の尾根にとりつく。はじめの急登を鉄塔まで登ると天気は急激に悪化した。曇ったと思ったらパラパラと白いものが降りはじめ、またすぐにやんで先ほどまでの青空が戻ってくるかと思いきやそのまま本降りになってしまった。

松林のヤセ尾根を越え1300mあたりの広いブナの尾根をゆったりと登っていると1パーティが引き返してきた。上は結構吹雪いているのだろうか。
最後の登りの、ブナ林が針葉樹にかわり樹林が疎らになる手前で1パーティが設営していた。数年前にも来ているので避難小屋は埋まっていても見つけられるだろうということで、我々は先に進む。

尾根がなだらかになり、右に左に雪に埋まった小屋を探し求めるが、ほどなく古川原君が小屋を発見。
小屋は屋根の一部と切妻が上から50cm程度しか出ていなかった。この小屋は2Fに冬用の入口がなく、1階の入口までトンネルを掘らなければならない。2階には人が横になってやっと入れるくらいの窓がある。そこを何とか潜り抜け真っ黒な小屋の中の2階にある手すりを足がかりにして中に入り、1階の入口からも掘り進める。
30分ほどでトンネル完成。小屋へは入口まで滑り降りるようにして入る。小屋の中は暗いので2階の窓も外から少し掘って明かり窓にする。
2階にテントも張って雪山の小屋での宴がはじめる。本日食当は関さん。古川原君がいるので重量に拘らず今日のメインはスキヤキ!!

翌朝も雪。三岩へは行かず往路を戻ることに。
適度に積もった雪の下は最近の陽気で固まった固い雪があって結構滑りにくい。テレマーク4名に山スキー1名。こういう雪質は山スキーに軍配が上がりそうだ。1300mのなだらかな登り返しをトラバース気味に越え、少し急な斜面でその山スキーの古川君が転倒。右膝の靭帯を少々痛めたようだ。安全のためスキーを脱いでツボ足で下る。膝に不安の残る満田さんもツボ足に。
鉄塔手前の松林のヤセ尾根をツボ足になったりしてそれぞれに通過。鉄塔からの最後の急斜面もそれぞれのペースで下り。スノーシェード手前に出る。

桧枝岐まで行って温泉に入って開山で飲むという魅力的な案もバスの時間が中途半端で、会津高原まで戻って夢の湯−王様というコースで帰路についた。(記:長南)

<コースタイム>
13日 晴れのち雪
取付11:50−15:50三岩避難小屋
14日 雪のち晴
避難小屋9:50−11:50国道

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください