北信・妙高黒沢池〜高谷池周辺

2004年4月10(土)〜11日(日)
L長南・増田・山口・関・満田

2004/04/10 妙高:高谷池

4/10
今シーズンの山スキーは天気に恵まれたが、今回もドピーカンで暑いほどだった。春の雪山を満喫することができた。
タクシーで笹ヶ峰牧場方面へ、妙高国際スキー場の西のはずれまで入り、そこから渋谷橋をわたり、池の峰方面へ入る。

すでにスキーは営業を終了していた。春スキーで有名な山域だけあって、たくさんのパーティーが入っていたが、みんなスキー場を直登して外輪山を直接めざすコースをとっていた。池の峰の北側の尾根に乗っかり、そこから黒沢池をめざす。尾根の北西にトラバース気味に上っては沢を越えることを繰り返すこと5、6回。さしたる難所もなかったが、つねに同じ方向のトラバースを長時間強いられたせいもあり、結構疲れた。1,500mを超えるあたりから、あたりは針葉樹の疎林が多くなってきて、明るくなかなかよい雰囲気だ。最後に少し深めの沢を2本越し、16:30頃黒沢池(2000m)へ到着。ここは黒沢岳、茶臼岳と妙高の外輪山にはさまれた黒沢源頭部の湿地帯であり、すべって遊びたくなるようなゆるやかな斜面にオオシラビソがぽつぽつ生えている、気持ちのよいテン場だった。暗くなるまでの数刻、野外で少々たしなむ。

4/11
今日は高谷池方面に「遊びに」でかけて、あとは帰るだけの行程だ。8:20頃黒沢池を出発し、ふうふう言いながら黒沢岳と茶臼岳の鞍部によじのぼる。高谷池までは1時間程度で到着。昨夜は相当の数のパーティーが泊っていたらしいが、私たちが到着したころには、もうほとんどが出発した後だった。そこらを1時間ほど散策したあと、黒沢池に戻った。途中の斜面では、障害物もなく、気持ちよくすべることができた。テント撤収後、最初はシールをつけて昨日来た道を下り始める。雪はかなり柔らかく、またシールをつけていることもあり、沢筋を越すときは、かなり緊張した。沢を二つほど越して、もう大きな上り返しはあるまいという判断のもとにシールをはずし、だんだん密になってくる樹林の間を思い思いに、またトラバース気味に滑り始める。途中何度か休憩をはさみ、1700m付近から、沢筋を南にすべり下り、またひとつ尾根をトラバースして三本木付近の林道に出た。林道沿いにしばらく進むとスキー場に出る。そこから、延々と、ところどころ土の出ているスキー場を、雪がなくなるまですべり下った。

<コースタイム>
4/10:10:30発−黒沢池16:30
4/11:8:20黒沢池−9:30高谷池10:30-11:10黒沢池12:10-1800付近13:55-スキー場14:50

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です