奥秩父 一之瀬川大常木谷(撤退)

2004年5月22日(土)
L増田、戸ヶ崎、古市

朝8:30に青梅駅に集合し、戸ヶ崎さんの運転する車で大常木谷を目指す。大常木谷と竜喰谷の出合を過ぎ、石楠花橋を越えたところで車を止め、準備をする。
歩いて大常木谷出合まで戻り、入渓路を探す。

ガイドブックによれば入渓路は2箇所。出合の上流に降りるルートと下流に下りるルート。我々は後者を選択したが、これが間違いだった。このルートは切通しから急な尾根筋を下り、出合の300mほど下流に降り立つ。流れが屈曲している所だ。
いきなり膝上の渡渉をし、釜を右側をへつって通過する。一之瀬川本流としては水量は多いほうではないが、水温は低い。次は15m程の淵だが、背の届かない深さで泳がなければならない。ザイルをつけて試してみるが、水流に阻まれてなかなか進めず、水温の低さにあっという間に体が痛みを感じる。
このままでは突破できたとしても低体温症になる恐れがあり、あきらめた。両岸切り立っており巻き道は見つからず、少し戻って左岸の尾根を登ってみるが、尾根の反対側は切り立った崖になっており、30mザイル1本では大変そう。
そんなことをしているうちに時間はどんどん過ぎ、13:30となった。あきらめて林道まで登り返すこととする。登りは急な尾根筋を避け、谷筋を行くが、こっちのほうが楽。「何じゃコリャ。」と怒りながら林道にたどり着いた。
14:00頃、雨がひどくなってきた。「このまま上流ルートを降りても時間的に遅くなるし、この天気ではなあ・・・。」と急速に気持ちが萎えてきて、あっさり中止を決定。小菅の湯に寄って帰ったのでした。

《教訓》一之瀬川本流は真夏でないと厳しいので、それ以外の時期に大常木谷に入渓する場合には、出合の上流に降りるルートがいいでしょう。(記:増田)

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です