奥多摩・日原川日陰名栗沢

2004年6月2日(水)
大塚

2004/06/02 奥多摩:日陰名栗沢

天候・晴れ
日原鍾乳洞バス停から林道を50分程歩き出合に降りる。出合は水量少なく貧弱だが日原川もこの辺りまで来ると植林帯ではなく広葉樹の森なので少しは山深い感じがする。

下流部は小滝、ナメの落ち着いた渓相だか標高990mで右岸から支流を入れると右岸から大量の土砂が流入しここからは荒れた渓相になる。
中流部はガレと倒木に埋まり期待していたナメは殆ど埋まっており、標高1250m辺りで早くも伏流になる。
標高1370mの二俣を右に入りしばらく行くと僅かに水流が復活するがそれも直ぐに消え、沢がゆるやかに右曲する辺りから右岸の笹ヤブをほんの少し漕いで高丸山南東の鞍部にツメ上がった。
石尾根を奥多摩駅に下山。(記:大塚)

〈コースタイム〉
日原鍾乳洞バス停(8:40)〜出合(9:50-10:15)〜標高990m右岸支流(10:55)〜標高1370m二俣(12:05-12:35)〜高丸山南東鞍部(13:10)〜奥多摩駅(16:50)

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です