奥多摩・南秋川軍刀利沢

2004年6月19日(土)
L佐藤、松之舎、松江、立田

2004/06/19 奥多摩:軍刀利沢

7時15分車で朝霞台出発。9時25分に矢沢林道と熊倉林道分岐点に着いた。
30分程で軍刀利沢出合に到着。林道からの降り口に赤テープがある。
矢沢は小川のようで水量はないが、軍刀利沢に入るとそこそこの水量で、ゴルジュ、小滝、釜などもあり、滝は登れるものがほとんどなのでなかなか楽しい。

この日は立田さんの沢胡桃デビュー山行だ。初山行とは思えず、積極的に滝にチャレンジしていた。そして、初めてとは思えないほど、登れる。聞くと、去年から室内壁に言っているとのことで納得した。この沢には10mの滝が二つある。最初の2段10mは滝のすぐ横を右から簡単に巻ける。次の10m滝は二俣手前で、2人パーティが取り付いていた。順番待ちして登るほどでもないのでここも左から巻く。
二俣に12時35分着、そこで昼食休憩。13時10分発、ここから先は、特筆すべきものはないが、つめは窪状で傾斜が緩く、ふかふかした歩きやすい所なので楽だった。暑かったが、明るい広葉樹林がトンネルのように覆っていて、雰囲気のある詰めだった。
やぶこぎなしで、三国峠14時45分着。私は一人で生藤山を往復。笹尾根を熊倉山まで歩く。尾根道はゆるやかなアップダウンが続く歩きやすい道だ。沢を登った後の尾根歩きは楽しい。熊倉山に15時15分着。ここで15分ほどビール休憩。
15時30分熊倉山頂出発。稜線を少し下り、傾斜の緩やかになった場所から熊倉沢左俣西沢に入った。この沢は水量がきわめて少なく、特筆すべきものはまったくない。途中、懸垂下降の練習をやった。ミズナを摘んで、17時に林道に着いた。そこから15分程で車に着いた。
軍刀利沢は、短いながらもまとまりがよく2回位までは楽しめそうな沢でした。(記:松江)

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です