奥秩父・滝川古礼沢

2004年6月26日(土)〜27日(日)
L五十嵐、古市、関

6月26日(土)曇り
前夜、西武秩父に集合。雨が降っていたので「出会いの丘」まで行かずに、仲見世通りの縁台で泊まることにする。雨なのでちょっと弱気の五十嵐リーダーであったが、降り続ける事はなく翌朝はあがっていた。あとはどのくらい増水しているかだけが心配だ。

「出会いの丘」に着くとすでに2パーティが支度をしている。1パーティは豆焼沢方面へ、1パーティは天狗トンネルのほうへ降りて行った。先行パーティより1時間弱遅れで出発。天狗トンネルの先から降りて溯行開始。いつもより水位があがっている。5〜10cm程の増水。すぐに豆焼沢出合を過ぎ、胸までの浸かり、強い水流の渡渉など、初めは面白がっていたがだんだん寒くなってくる。流れが強いので、渡渉にお助け紐を出した所があったが、結構見かけ倒しで、どきどきしながら行ってみると「な〜んだ」な所が多かった。夫婦岩と言われれている所を過ぎ(2年前に見ているはずなのに、おかしいな、覚えていない)、槙ノ沢出合。2年前は八百谷に行ったのだが、当時2年目の私はついて行くだけが精一杯で、実は、出合にはまったく気が付かず、いつ槙ノ沢に入ったのか分からなかったのだ。今回はちゃんと出合を確認。下だけ見て歩いていたら、こりゃ気が付かないだろうなと思った。釣橋小屋手前の左岸に先行パーティが幕を張っていた。我々はもう少し頑張って枝沢(熊穴沢)の先まで行って今日の泊場とした。寝不足の為か、あまり飲まないメンバーだった為か、私にしてはあまり飲まずに(ビール1本、日本酒1合、泡盛水割り1杯)寝てしまった。お酒を残してしまった。

6月27日(日)曇り
今日は核心部突破と古礼沢のナメがメイン。朝、昨日のパーティが来るかと思っていたが来なかった。我々のように「朝はゆっくり派」なのか?核心に入ってから追いつかれるのはいやだなぁと思いつつ、7:20に出発。
いやらしい所には紐がかかっているが、どうしても「この一歩が」という所はお助け紐を使う。左岸の紐を使って、それから登って中段で渡る滝は、もし滑ったら下の釜に巻き込まれそうで、ちょっといやだったので五十嵐さんにお助け紐を出してもらう。(実際、行ってみたらそんなに困難ではなかった。)大石のガレで段々滝になってる、と思ったら堰き止められていて、大きなプールになっている所があった。左をへつって、浸かって行く。8m滝を右の紐を使って落ち口に抜けると、次の6mは左壁にシュリンゲがかかっている。この先ホントにいけるのかなぁ。五十嵐さんが行って、姿が見えないが、まぁ、いいや行っちゃえ。落ち口から先を見ると、左壁にシュリンゲがいっぱいかかっている。あぁ、そうか、写真でよく見る、あそこか。よくまぁ、こんな所にこんなにたくさんこんな絶妙な間隔で、ボルト、ハーケン打つよなぁ。でも、ありがとさん、と思いながら通過。そして左からブドウ沢が入る。古礼沢までもう何もないと思ったら、一箇所ちょっといやな所があった。左壁に紐が垂れているが、それだと最後落ち口まで足りない。落ち口の倒木にシュリンゲがかかっているが、そこまで手が届かない。2、3mの滝だが下は白く泡立っていて、「絶対落ちたくない」と思い、一歩がなかなかいやらしかった。足を置き換えてみたりして、やっと一歩が出せて、目指すホールドが掴めた。滑らなくてよかった。そして、やっと古礼沢。ここからは、リーダーの提案で古市さんに先頭を歩いてもらう。しばらくは何もない。ナメはどこだ!ゴーロに飽きて休憩。その先からナメが始まる。水量があるので水が「しゃわしゃわ」なって白く見える。白いナメはきれいだぁ。ナメがずっと続く。途中、多段15mの滝は左岸の巻道でこえる。その後もナメ、ナメ滝が続く。すると突然ガレの堆積地となり水は伏流する。このガレ場がまた疲れるのである。あそこまで行けばその先は…やっぱりガレだった。水晶山の南側のガレマークからのガレ沢を過ぎて、流れが復活しガレが終わる。後は、古礼山の北の鞍部に出られればよい。適当に右の沢に入る。うまい具合に鞍部に出ることは出来たが、この詰めもなかなか疲れる。鹿道を拾ってぜぃはぁ言いながら登山道に出る。雁坂小屋を経由して豆焼橋に着いたらすでに19:00になっていた。今日も11時間半行動。あ〜疲れた。( 記:関 )

<コースタイム>
6/26(土) 出会いの丘駐車場(6:50)〜滝川本流(7:35)〜曲沢(9:10)〜金山沢(10:55〜11:20)〜槇の沢(14:15)〜釣橋小屋(15:10)〜BP(15:30)
6/27(日) BP(7:20)〜ブドウ沢(9:35)〜古礼沢(10:35)〜稜線(15:10〜15:25)〜雁坂小屋(16:15〜16:30)〜豆焼橋(19:00)

<1/25,000地形図>
雁坂峠

交通機関・費用
車 関越道 所沢IC〜花園IC 1500円
雁坂トンネル 710円
中央道(+首都高) 勝沼IC〜初台 3100円

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です