奥多摩・日原川小川谷犬麦谷

2004年7月17日(日)
L佐藤、松江

2004/07/18 奥多摩:小川谷犬麦谷

朝霞台に6時集合で、松江さんの車に乗り、小川谷林道へ。早朝、怪しかった雲行きも青梅あたりから回復し、奥多摩あたりでは沢登り日和になっていた。道はすいているものの、日原鍾乳洞の手前で観光客に間違えられ、駐車料金を請求される。沢登りだと言って、やっと納得してもらう。

さて、小川谷林道は、犬麦谷の手前にゲートがあり、そこで身支度をする。5分程の犬麦谷横で斜面が崩れており、工事中となっていた。ビールを冷やし、ここから遡行を開始する。すぐに3m滝があり、少々濡れる。続いて堰堤2つ。次に5m滝。次第に斜度があがって、疲れたところで林道が横切る。なおも急な沢を登っていくと沢は右折し、以前に登ったことのある12m滝が懸っていた。直登は濡れるし、ザイルを出さなければいけないので、少し休憩してから、タツマの滝の巻き道を登り始める。タツマの滝が見える所まで登っただけで疲れてしまった。しかし、巻きは10分程度で、その上は穏やかなナメ滝が3つ。両岸がゴルジュとなってもナメ滝が続き、なかなか快適だ。ゴルジュが終わってもナメ滝が続くが、15m滝は残置シュリンゲが懸っているものの、垂直で登る気にならず、高巻く。
8m滝を越し、再びゴルジュとなると、トイ状のナメとなり、10mCS滝でゴルジュが終わる。その後は小滝を幾つがいくつか越すと、二又となる。左を行くと再び二又で、ここで少し早いが、どちらもすぐに水が涸れそうなので昼食とする。ここも左に行くとすぐに涸れ沢となり、最後は笹ヤブの鹿道を拾うと、わずかでゴンバ尾根の登山道に出た。
この道は急で疲れるものの、良い道で、わずか30分で林道に出た。なお、かつての林道広場は2段になって、下の段に入って行けないようにロープが張ってあった。 (記:佐藤)

<コースタイム>
(7:20)犬麦谷手前の小川谷林道ゲート(9:15) 犬麦谷(9:20)上の林道(9:55)タツマノ大滝下(10:00〜10:20) 10mCS滝上(11:25〜11:35)最後の二又(11:50〜12:20)ゴンバ尾根登山道(12:45)林道(13:15) ※ゲートまでは30分弱

<1/25,000地形図>
武蔵日原

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です