谷川・赤谷川小出俣沢センノ沢〜イラクボ沢下降

2004年7月25日(日)
L長南・佐藤・増田・大塚

2004/07/25 谷川:センノ沢

夏になると沢と言えど数パーティが入渓する谷川にあって、小出俣沢は人気がない。大ナメあり大滝も大スラブもある右俣のマチホド沢など面白そうではないか、と以前から食指が動いていたのだが少々登攀的なので敬遠していた。

今回は夏合宿前なので丁度いいということで、マチホド沢の大滝の偵察を兼ねて夜行日帰りでセンノ沢を遡行して反対側のイラクボ沢へ降りるルートを計画した。

金曜夜、川古温泉手前の駐車スペースにタープを張って入山祝。翌朝、長丁場なので5時起きで出発。小出俣沢右岸の林道を千曲平手前まで歩く。途中、小出俣沢左俣右岸沿いの林道が分岐するはずだが見落としてしまい左俣まで来てしまったので、そのまま左俣右岸沿いの踏み跡を行く。途中不明瞭だがゴルジュ手前まで踏み跡を辿りそのあたりから右岸の林道を探しに上がる。林道も松ホド沢手前で終わり、松ホド沢を下り左俣に出て入渓の準備をする。

松ホド沢出合あたりは水量も少なく小さな沢だなというのが左俣の第一印象だ。しばらく行くと幅一杯の大ヒラナメノセンの平ナメが200-300m続くが水量も少なく、どうしても東北のナメを見知ってしまった者には少々物足りない。それでも林道からこれだけすぐにアプローチできるナメ地帯は関東には少ないのではないだろうか。子供連れで遊びに来るにはいいかもしれない。

次第にナメ床がゴツゴツと段差も大きくなってくると渓相も荒れてくる。釜を持った8m滝は右からトラバース気味に下段に乗りそこから直上。増田さんトップでザイルを引く。

徐々に谷がV字状になってくると正面の小尾根の上にマチホド沢上部の大スラブがチラリと見える。全容ではなくチラリと見えるのでとんでもないもののように見える。
小尾根を回り込むと大滝が目に飛び込んでくる。V字谷の奥にVの字が見えVの右がマチホド沢の大滝、Vの左にセンノ沢が切れ込んで合わさっている。荒々しい景観だ。
マチホド沢の大滝は3段100mという記載を見かけるが、見えている部分では50m前後といったところ。まだ上にあるのだろうか。みんなで大滝の直登ルートを探るが2段目の水際と3段目の上部が難しそうだ。実際そこまで登ってみないとルートが読めないというところ。

大滝見物を終えセンノ沢に入る。センノ沢はいきなりルンゼ状のチョックストンではじまりゴルジュ10m奥で直角に左に曲がっている。その先がわからないが巻きはかなりの大巻きになるので大塚さんと左岸の草と岩のミックスをトラバース気味に入ってみるがその先には15m滝。左から最後は草付きを落ち口にトラバースできそうなので大塚さんにリードしてもらう。
大塚さんが最後の草付きトラバースでかなり苦労したようだ。結局この滝を全員登るのに2時間くらいかかってしまった。今日は遅くなりそうだ。

すぐに20m斜瀑が出てくる。直登できそうだが右の枝沢からでも左からでも簡単に巻けそうなので左から巻いて時間を稼ぐ。巻きの踏み跡がないのがうれしいが低巻きしようとすると壁に阻まれそのたびに上にルートを修正して落ち口に出る。落ち口からはナメが続き沢が開けると正面に高さ20m×幅80mはあろうかという岩壁。沢はどこに行ったのだと近づいて見ると岩壁で直角に右に曲がり両岸切り立ったその奥にチムニー状の15m直瀑。左がツルツルの岩壁、右もかぶっている。巻きはかなり手前から右岸を岩壁の上まで登っての大高巻きになりそうなので、右の小さな岩稜から落ち口へトラバースできるか偵察に上がる。途中で小さなフェースになってしまったので大塚さんに上がってきてもらって確保をしてもらう。フェースのクラックにカムで支点を取り通過。垂壁のヘリによりすぎたのでハーケンで支点をとって少し上がる。最後落ち口へのトラバースは支点をとりたいがとれずに足場を慎重に探しながら潅木を引き寄せ抜ける。ここでも全員通過に1時間半ほどかかってしまった。

この先もナメ、ナメ滝、斜瀑とほぼ岩盤がはったまま傾斜が変化して両岸は草付きという渓相が続き、20m、40mの高度のある斜瀑も出てくるがノーザイルで快適に登れる。

沢がヤブっぽくなってきてそろそる稜線かというところで夕立。遠くで鳴っていた雷が近づいてくる。危なっかしくて稜線に出れないので雨に打たれながらヤブ沢の中で待機。ウトウトとしていたらバーーンと近くに落とされ目を覚ます。雷雨の合間を縫って稜線を越える。イラクボ沢側の源頭はブナやダケカンバの高木で安心して一息いれてイラクボ沢を下る。途中から岩盤がはりだし山の斜面も草付きになり岩壁や岩稜が目立ちはじめる。ここも赤谷川流域の山姿だ。
滝はそれなりにあるがメンバー的にすべてノーザイルでクライムダウンして登山道に出る。
日暮までには間に合ったようだ。登山道はすぐに林道になり川古温泉まで林道を戻る。

センノ沢(小出俣沢左俣も)は荒々しい沢だった。好みに合う沢ではないが、山域的には谷川本谷、阿能川、赤谷本流と繋げば面白いところなので右俣も覗いてみたいとは思っている。(記:長南)

<コースタイム>
25日 曇一時雷雨 川古温泉6:00−7:30松ホド沢出合8:10−9:10センノ沢出合9:30−15:45稜線−18:35登山道−20:00川古温泉

<1/25,000地形図>
水上・三国峠

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です