谷川・湯檜曽川東黒沢金山沢〜赤沢

2004年8月21日(土)
L 佐藤、西、古川、山口

東黒沢にはもう数え切れないくらい入ったという、佐藤代表と西さん。それに、見学の古川さんとわたしの4人で、東黒沢・金山沢遡行〜赤沢下降のルートをとった。東黒沢は、噂通りの美しいナメ沢。対して、赤沢はあまり遡行記録がなく、どんな沢なのか楽しみにしていたが、藪と大滝とゴーロという印象が残った。

●8/21(土) 晴れのち曇り

朝6:05、佐藤代表のお電話で目が覚める。集合は6:00池袋・・・生きた心地のしない朝であった。
山口の寝坊と道路混雑のため、予定より一時間遅れで土合に着く。暑すぎず寒すぎず、気持ちの良い晴天だ。土合橋の駐車場には、キャニオニングのツアーが3グループほどいて、自己紹介などし合って盛り上がっている。聞けば、東黒沢は穏やかなナメが多く、キャニオニングによく利用されるらしい。
「いいないいな〜」と西さんは何やら嬉しそう。「もう自分は、あの雰囲気に入っていくのは無理だな〜」と思いつつ、足を整えて10時半頃入渓。

東黒沢に入って少しのゴーロの後、次々とナメが現れる。しかしここは遊園地かと思うほどに人が多い。鼻毛の滝は、ザイルを出している女性のパーティーを右から越して登る。古川さんは、沢の経験はほとんどないというのに、足取りがしっかりしていてバランスも抜群。体力もありそうでうらやましい。
今日の水量は極端に少ないらしく、いつもなら水流が強くて渡ることが難しいという落ち口も、ひょいっと軽くまたぐことができた。6Mの滝を越えて現れる小さなゴルジュは、右から簡単に巻けるが、水につかりつつ、水流と遊びつつ越えていく。ゴルジュの出口にある小さな滝は、西さんにシュリンゲを出してもらって越えた。滝は階段状や、スタンス・ホールドともに豊富なものばかりで、快適に登っていく。
金山沢の出合いを過ぎ、本流の300Mほど続くナメが終わったところで大休止。幅はないものの、とにかく長く美しいナメだ。12時と、思ったより時間も早いので、ここから本流を戻って、予定通り金山沢をつめることにする。

出合いの5Mの滝は、黒く垂直。右から巻く。金山沢は、やはり本流よりも少し暗いものの、小規模なナメが続き、これもまた綺麗だ。地形図によると左岸に登山道があるはずだが、一応偵察に行ったものの、それらしきものは見つからなかった。
2対1、1対1、2対1と水量を分け、水はどんどん少なくなり、最後の小さな二俣を右に行くと、水流は消えた。急勾配の藪を漕いでいくと、途中小尾根をのっこし、40分ほどで稜線に出た。赤沢山の稜線には、わずかに踏み後が残り、所々に赤テープもある。
赤沢側は、深い藪に覆われ、沢型もはっきりしないため、比較的傾斜のないところからのっこして下り始めた。ところが、行けども漕げども背丈ほどの藪が続き、平らすぎるためか、沢型がはっきりしない。一度出ていた沢型にほっとすると、水流が出る前にまた消失してしまった。佐藤代表も、「こんな沢は初めてだ〜」とあきれ顔。のっこしてから一時間近くも経って、ようやく水流が出る‥と思うと、急に傾斜がきつくなり、あっという間に本流に出た。
本流に出た時点ですでに午後4時を回っていたため、休憩もそこそこに下り始める。西日だったせいもあるが、赤沢はやや暗め。上流部は小滝が多く、下流部に二段18Mの大きな滝があり、それを越えると小さなナメがあって、あとはひたすらゴーロであった。
二段18Mの滝は、右岸から小さく巻き下れるが、最初、落ち口からトラバース気味に巻きに入るところが、ちょっと嫌な感じだった。
全身運動でゴーロにもまれ、くたくたになった頃、ようやく堰堤が見え、それを越すと土合に続く車道へ出た。あたりはもう薄暗く、一呼吸入れてから、車を回収に土合橋へ歩く。歩いている途中で、真っ暗になった。赤沢〜土合橋は40分ほど。安心な車道とはいえ、夜道を歩くというのは、いつの時も印象深い。なんというか、山の支配力を感じる時間だ。26kmの林道を歩いた関さんたちは、どんな気分だったのかな〜などと思っているうち、土合橋に着いた。(記:山口)

<コースタイム>
8/21(土) 10:25入渓〜11:30〜12:00細い滝の出合付近でお昼〜12:00〜12:30本流折り返し地点〜13:00金山沢出合〜14:20水流消える〜14:40のっこし〜16:00赤沢支流〜16:20赤沢本流〜17:00二段18Mの滝〜18:30車道に出る

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください