尾瀬・タソガレ田代〜皿伏山〜白尾山〜荷鞍山

2005年4月29日(金)〜30日(土)
L長南、増田、関、守屋(ゼフィルス山の会)

4月29日(金) 晴れのち曇り・小雨
前夜、高坂を出発し、鎌田の温泉・スポーツ施設の軒先を借りて仮眠。
大清水の駐車場で準備をして出発。早朝のため駐車場は空いていたが、我々が用意している間にも次々に車が入ってくる。

GWとあってハイカーや釣りの人が多いようだ。片品川は雪代ですごい水量だ。所々芽を出しているふきのとうなどを採りながらのんびりと歩く。
途中、右岸の山に入り、ぶな、みずなら、だけかんばなどの広葉樹林の中を北上し、タソガレ田代に出る。このあたりは、タソガレ田代、赤右衛門池、曲り田代、小沼などが集まっており、漠としてつかみ所のない地形だ。しばらく雪原と森をさまよって沼尻休憩所に到着。このあたりを今夜のテン場とする。
当初は燧ケ岳に登って滑り降りてくる予定だったが、パーティーにはこれも尾瀬の魅力のなせる業か「春だもののんびり行こうよムード」が漂っており、やる気がなさそう。結局、疲れることはやめて、辺りを適当に散策しておしまい。夜は守屋さんと関さんの用意してくれた豪勢な食事に舌鼓を打ち、前夜の寝不足もあって、21:30頃就寝。夕方は小雨がぱらついていたが、寝る頃には満天の星空となっていた。

4月30日(土) 快晴
朝から快晴。今日は暑くなりそうだ。
沼尻川沿いに下って行き、途中の左岸を登り皿伏山を目指す。ブナ林の中をひたすら登り、銘板のない皿伏山の山頂に到着。遠くに至仏山の山肌が真白に光って見える。長南さんによれば、山肌にシュプールも見えたとか。
一休みしてセン沢田代目指して下る。そこから白尾山まで約200mの登り。これがこの山行中最もきつかった。ドピーカンの中、皆「暑い、暑い」と呟きながら、大汗をかきながらゆっくりゆっくり登る。やっとの思いで頂上に到着。眺めがよい。遠くに真っ白に雪をまとった奥利根の山々も見える。
荷鞍山との鞍部まで一旦下り、荷鞍山まで100m程の登り。相変わらず暑いが、これが最後の登りと自分に言い聞かせて頑張る。荷鞍山の頂上は狭い。小休止してシールをはずし、滑降開始。
はじめは急で樹幹が狭く快適ではないが、下るにつれて樹間が広がり、勾配も緩やかになり、みな快適に滑っていく。(私自身はスキーに体重が乗らず、下手な滑りだったが)
林道まで1時間あまりで滑り降り、行きは歩いた林道の脇を駐車場までスキーで滑り降りて終了。尾瀬の山深さ、静けさ、人気のなさを満喫した山行でした。終始パーティーをリードし、行き帰りの車の運転までしていただいた守屋さんに感謝。(記:増田)

<コースタイム>
4/29 大清水駐車場(6:40)〜 タソガレ田代(10:20)〜テン場(12:00)
4/30 テン場(9:00)〜皿伏山(11:50〜12:10) 〜白尾山(13:10〜13:30)〜荷鞍山(14:20〜14:45)〜林道(16:00)〜大清水駐車場(16:30)

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください