奥秩父・大洞川荒沢谷

2005年10月29日(土)~30日(日)

今回、沢の一人泊まり山行をしてみたくて計画したものだった。林道歩き3時間、しかもお天気が悪そうで、雨の悲惨な山行になると予想していたが、林道歩きもなくなり、雨も降らず、悲惨な山行にはならなかった。

10/29 曇り
朝早く家を出て、電車、バスを乗り継ぎ、秩父湖まで来た。さて、長い歩きの始まりと思い、サンダルをしっかり履き直して歩き始める。二瀬ダムの上を歩いているとワンボックスがすーっと止まって、おじさんが「どこまで行くの」と。ラッキー!途中まででも、少しでも歩きが短くなるなら、と思ったら、なんとゲートまで行くと言う。バンザーイ!おじさん達は植林のボランティアの人達だった。ゲートにつくと他のおじさんが「荒沢谷なら、さっき3人パーティが入っていったよ」と教えてくれた。
さて、足ごしらえをしていざ、一人の沢遡行開始。出だしはゴーロで、淵と小滝は左から巻く。釣師が多く入っているのだろう、巻道はしっかりしている。桂谷手前で先行パーティが休んでいた。先行させてもらう。程なくしてアシ沢。右に大岩があるところは左から。するとベンガラの滝と呼ばれている滝。右壁の上の方にテープシュリンゲ(らしき)とテープが巻いてあるが、ちょっと微妙だ。左の壁のような大岩の向こうから巻けるだろう。岩の裏側に来たら、ありゃりゃ、ここからは下りられない。ロープ出して懸垂するのも面倒。見ると、もう少し上に巻き道がある。これを使ってその先の小滝いくつか(多分)も巻いてしまい、ガレルンゼから下りる。しばらく行くと谷が開けて台地状、ゆったりした流れになる。ここが「菅ノ平」かな。当初の幕場予定地だったが、林道歩きの時間が短縮されたので、もうちょっと行くことにする。穏やかな所をゆっくりと歩いて行く。まぁ、なんとひとりだと寂しいことよ。しばらく歩くと谷が狭くなりゴルジュの中に滝(高さはあまりない)と深い淵がある。左から巻くが、一人だし、荷物も重いし、そこそこ上まであがるし、この日一番どきどきした所だった。大きく巻いて下りた所が狼谷との出合。狼谷のほうが水量が多い。確認してきたつもりだったが、何故かここで狼谷に入ってしまった。なんかおかしい。狼谷がすぐ右から入るのに…あっ!狼谷に入ってない?!磁石をあわせてみると…あ~ぁやっぱりね。気がついてよかった。すぐに引き返す。約15分程のロス。狼谷過ぎた辺りで幕場を探そうと思っていたので、幕場探しモードに切り替える。左から沢が入った後にちょっとした所を発見。でもイマイチなのでザックをおいて先の様子を見に行く。ちょっとしたゴルジュになる手前に、良さげな所を発見。決まり。ツェルトを張り、薪を集め、いつものように焚火をつけて飲み始めても、やっぱりひとりは寂しいねぇ。
10/30 曇り
予報では今日のほうがお天気が良くなるはずだったのに、ガスが多そうだ。幕場を出てすぐのちょっとしたゴルジュは問題はないがちょっと滑りやすかったので気を使う。朝一で浸かりたくない。上は何もないかと思っていたが、ちょっとした滝など出てくる。詰めは傾斜のあるガレガレでこれまた気を使いながら登る。最後は左の斜面の鹿道を拾って登って行くと登山道にでた。あ~、一人で泊まりで沢遡行しちゃったよ。沢自体はどってことない沢かもしれないけれど、なんだか充実感があった。この後は生まれも育ちも東京なのに、今だ登ったことのなかった東京都最高峰、雲取山に登って鴨沢に下山した。(記:関)

<コースタイム>
10/29 荒沢橋(10:00~10:20)~桂谷(10:45)~アシ沢(11:00)~狼谷(13:20)~BP(13:45)
10/30 BP(8:20)~登山道(11:10)~雲取山(11:45~12:25)~鴨沢バス停(15:00)

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です