雪上技術訓練:富士山・五合目付近

2005年12月17日(土)〜18日(日)
(担当)増田、五十嵐、長南、関

高速道路から見る富士山はあまり雪がなさそう。スバルラインも通行可能。スバルラインを行こうかという意見もあったが、誘惑を振り払って馬返し登山口に向かう。

雪は登山口からすでにあって期待を持たせたのだが、高度を上げても一向に増えず。五合目から少し下ったところにテントを張り、昼食後五合目まで登ってみたが、黒々とした山肌の露出に愕然とする。それでも点在する雪田を拾ってキックステップ程度は試みるが、雪がやわらかくていまいちだ。「早々に下山して温泉でも行こうか。」という案も出たが、時間的に中途半端なので、適当に歩行訓練をし、五合目の売店でビールを仕入れてテントに戻る。
夜は一時風の強いときがあったが、それを過ぎると後はおおむね静かだった。それほど寒くもなく、快適な一夜。水はやはり汚い。富士山に来るときは茶漉しが要る。
翌朝、やる気を失った全員で下山を決め、ゆっくりと出発し、一時間足らずで登山口まで下った。
ここ3年八ヶ岳が続いており、久しぶりに富士山にしてみようとやってきてみたものの、雪が少なくほとんど訓練にならなかった。場所選びが難しい。来年はまた八ヶ岳かな。(記:増田)

<コースタイム>
12月17日(土):馬返し登山口 (9:50)〜テン場(12:00)
12月18日(日):テン場(10:00)〜馬返し登山口 (10:55)

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です