八ヶ岳・坪庭〜七ッ池〜亀甲池〜大河原峠

2006年1月21日(土)〜1月22日(日)
L増田、関

1月21日(土)曇り
 朝発で電車、バスを乗り継ぎ、ロープウェイ山頂駅を出発したのはすでに12:00をまわっていた。少しガスがかかっていて、あまりお天気はよくない。

坪庭もそこから北横岳に向かう登山道も、スキーには不向き。ツボ足で歩いた方がよっぽど早そうだ。1時間程で七ッ池に到着。人がいっぱいいる。楽しそうにゾンデ棒を出したりしているので、遊び半分訓練半分なのか?ここから道から外れて亀甲池を目指す。これがまたやっかいな行程であった。密に生えているシラビソの間をぬって、下りもちっとも快適ではない。亀甲池の手前で登山道に出て、スキーを脱いで、ツボ足で亀甲池着。ここを幕場とした。

1月22日(日)晴れ
 お天気がよいので寒い。寒いせいもあって出発がすっかり遅くなってしまった。今日は大河原峠を見に行き、滝ノ湯川沿いを下ることとした。亀甲池を出て30分程で開ける。快晴でとても気持ちがいい。ザックをデポして大河原峠をまで行ってみる。峠には「大河原ヒュッテ」があるが営業はしていないようだ。遠くに(たぶん)妙高あたりや北アルプスが見えるが、さすがに日本海側はお天気が悪そうだ。林道を西に行ったところに、昔のエアリアマップに小屋マークがあるので、見に行ってみるが、廃業した山小屋風であった。使えそうにない。大河原峠に戻ってシールをとり、ザックデポ地点に戻る。なだらかなのでいまいち滑らないが、なんといっても快晴にシラビソの生えた雪の斜面が美しい。滑らなくても気持ちいい所。ザックを回収して登山道どおり滝ノ湯川沿いを下る。はじめのうちの開けている所はいいのだか、針葉樹林帯の登山道になると、スキーは非常に不向き。細い溝のような所を滑るような感じ。そういうところはつぼ足になったりして竜源橋に到着。バス停まで歩いて、この日、日帰りで北八に行っていた松之舎さんと西さんとバスで合流し帰京した。(記:関)

<コースタイム>
1/21 ロープウェイ山頂駅(12:05)〜七ッ池(13:05)〜亀甲池(15:45)
1/22 亀甲池(10:05)〜ザックデポ地点(10:35〜10:45)〜大河原峠(11:10〜11:25)〜小屋跡往復〜大河原峠(12:10〜12:15)〜ザックデポ地点(12:30〜12:55)〜竜源橋(14:50)

<1/25,000地形図>
蓼科山、蓼科

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です