南会津・大嵐山(手前)

2006年2月25日(土)、26日(日)
L長南、増田、関

2006/02/25 南会津:大嵐山

今シーズンの大まかな計画として、2月〜3月は南会津・布引山、4月は只見、尾瀬ということにした。まず今回は長南さんの発案による大嵐山。今まで注意して見たことがなかったが、稜線のブナ林がいいらしい。

2月25日(土)快晴
浅草6:20発の快速電車に乗り、私は春日部から合流して会津高原へ。車窓から見た感じでは例年よりも雪が少ないようだ。こっちはそんなに降らなかったのかな。会津高原では朝食にあみたけうどんを食べる。これがなかなかおいしかった。松戸原まで行くというおじさんとタクシーに相乗りし、戸中で降りる。

陽光照りつける中、準備をして出発。まずは200m余りの急登だ。斜面は軽くクラストしてしかも段々畑状になって登りにくい。おまけに私は昨夜の深酒と寝不足が災いしピッチが上がらない。久しぶりのはずの長南さんに大きく遅れてしまう。具合悪いながらもなんとか950m付近まで登りきり、やっと一息つく。
ここからはさして急なところはなく、また体調も回復してきていいペースで距離を伸ばす。真米山は眺望良好。西には窓明山〜駒ケ岳の稜線、南には帝釈山、田代山が見える。快適なブナとミズナラの林だ。途中、メドゥーサの髪のように枝を四方八方にくねらせたブナを見る。強風のなせる業だろうか。
1226mを超えた平場を今宵の宿とする。食当の長南さんが用意したのは大阪土産の旭ポン酢を使った豚鍋。大阪の食文化の話などで盛り上がり、早く寝るつもりが気が付いたら0:00ごろになっていた。

2月26日(日)雪→雨
6:30頃一度目が覚めたが、雪が降っているため、大嵐山に行くことなくここから直接下山だと思い、それならと二度寝入り。次に目が覚めると8:30になっていた。
出発したのはなんと11:00近く。まずは谷に向かってトラバース気味に下降を始める。雪は一度解けたものが固まったような、氷粒のような雪。昨日までの雪の上に昨夜からの雪が10cmくらい積もって、急斜面では表面がずるずる崩れ滑りにくい。
谷筋に降りたころには雪から雨に変わっていた。濡れたテントが重く、バランスを崩してはたびたび転ぶ。へとへとになりながら湯の花温泉にたどり着いた。

共同浴場に入り、バスで会津高原駅へ。中三依で途中下車して蕎麦屋「まるみ」を目指すがあいにく休業。うろうろと他を当たるがいずれもだめで、結局普通の食堂に入る。
久しぶりの泊の荷物とくされ雪に疲れ果て、課題を残した山行でした。次こそは快適に滑るぞ!(記:増田)

<コースタイム>
2月25日:戸中(11:10)〜真米山(13:40)〜1226m南側の泊場(15:40)
2月26日:泊場(11:00)〜湯の花温泉(13:00)

<1/25,000地形図>
湯ノ花、松戸原

<諸経費>
タクシー(会津高原〜湯の花):6800円
バス(湯の花〜会津高原):1040円
共同浴場「弘法の湯」:200円

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です