奥多摩・鴨沢〜雲取山〜奥多摩駅

2006年3月4日(土)〜5日(日)
L五十嵐、関、長浜さん

2006/03/04 奥多摩:雲取山

山に行ってはいるが体力のない私と、山に行っていないのに体力のある長浜さんで行ける雪山ということで雲取山を計画した。

初日は鴨沢から登る。ゆっくり支度して一番後から出発する。尾根道にある水場はたまっている状態でカップでくんだ。今週雪が降ったので、途中から雪道になる。雲取奥多摩小屋あたりでテントを張ろうと思っていたのだが、「明日を考え避難小屋まで行きましょう」という関さんの強いリーダーシップにひっぱられ、他2名はへろへろと沈没しそうになりながら歩き、なんとか避難小屋に着いた。すぐそばの雲取山に行く気もおきず、そのまま小屋に入る。積雪は少ないようだったが、新雪もあり水をつくることができた。(関さんスコップありがとう)
翌日は快晴。念願の雲取山を踏む。(実は私だけ初めてでした。)360度の眺望に加え、遠く白馬岳が見えた。偶然何回も登っているお兄さんがいて、解説してもらう。今回が今まで一番天気がよいとのこと。ラッキー!
下りはピークにこだわらず楽な道を行く。途中トラバースルートをはずして高丸山ピークをのぼるはめになりしんどかった。水根山からの下りはシリセードしたりで、とても楽しかった。計画当初から途中エスケープを考えていたが、結果的に奥多摩駅まで歩いた。長いルートではあるが基本的には下りなのと雪道であることで楽できたと思う。しかし何といっても、強力な助っ人参加の関さんの強い意志が、軟弱者二人を引っ張ってくれたように思う。地形図の距離が実感できた山行だった。(記:五十嵐)

<コースタイム>
1日目 鴨沢9:25〜昼食12:10-35〜稜線14:20〜雲取避難小屋16:20
2日目 雲取避難小屋〜雲取山〜雲取避難小屋7:10〜七ツ石山8:45〜高丸山9:45〜鷹ノ巣山10:40-55〜城山・昼食12:05-40〜車道14:55〜奥多摩駅15:30

<1/25,000地形図>
丹波、雲取山、奥多摩湖

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です