神室・大横川本谷左俣

2006年7月16日
L佐藤、大塚、五味渕

2006/07/16 神室:大横川

三連休の月例山行は大横川にベースを張って、小荒沢、本谷左俣、清水沢の3本を遡行する予定であったが、悪天候のため2日目の本谷左俣のみとなった。

7月15日(雨のち曇り)
一日雨の予報なので小荒沢は中止にして、午前中は鳴子温泉で時間を潰す。午後からタクシーで親倉見に入り、大横川本流の林道が左岸から右岸に渡る橋の際にベースを張る。

7月16日(曇りのち雨)
朝6時にベースを出発し林道終点より入渓する。しばらくは平凡な河原が続くが水量は平水より多いようだ。幾つかの支流を見送り、少しずつ両岸が迫ってくると二俣手前のゴルジュ帯に入る。このゴルジュに大きな滝は無いが、出口の2段6mの滝が登れず、この滝の手前から左岸のブッシュ帯に上がり小さく高巻く。
二俣付近は再び穏やかな流れになる。右俣は左俣に比べると水量が少なく貧相な流れだ。左俣に入りしばらく行くと小滝が幾つか続くが難しい滝はない。右岸から30mの滝で出合う支流を見送ると4mの滝になり、ハング気味の左壁を空身で強引に越える。続く6mの滝は登れず、左岸から高巻くと沢は左に曲がり、正面に左岸支流の25m程の滝が懸かる。なかなか見栄えのする美しい滝だ。
8mの直瀑を右岸から小さく高巻くと雪渓や崩壊したブロック現れるが、特に困難なく越えて行ける。12m滝は右壁を直登すると右岸から支流を入れ、その先に20mの霧降滝が見える。全く登れる気がしなかったので迷わず高巻いたが、下山後に99年の長南さんの記録を読んだら水流沿いを直登していた。しかし今回の水量ではまず無理だろう。
高巻きルートはあれこれ悩んだが、右岸の草付斜面からのショートカットは厳しそうなので少し戻り、右岸支流から分水尾根に上がり大きく高巻く。滝上の100m程の雪渓上に降り、雪渓の終端から草付の側壁にアイスハンマーを2本叩き込み、沢床に下降しようと試みるがハンマーが抜け落ち3〜4m滑落する。上手く着地したので怪我はなかったが、ここから降りるのはかなり強引なので、後続は高巻いて一本上流の沢から降りてもらった。
なお、この雪渓上は1:1の二俣になっており(標高690m)、通常は火打岳南にツメ上がる右に入るようだが、雪渓上から右の沢に入るのは難しそうなので我々は左に入る。ここからは滝が続き、30mの滝を左岸支流から高巻くのを除いては殆どの滝が直登でき、小気味の良い遡行となる。
しかし、標高1000m付近で現れた10mの滝が関門だった。ロープを引いて取り付いてみたものの、中段でハーケンを1本打った先から落口までが外傾スタンスをノープロテクションで登らなければならず、しばらく逡巡した後に結局踏ん切りがつかず、ハーケンを残置して敗退。右岸からの高巻きを余儀なくされる。高巻き始めると草付の側壁をトラバースするのは困難で簡単には沢床へ戻れそうもない。戻った先には傾斜の強い雪渓が待ち受けていて、この先もなかなか苦労しそうな様子が見て取れる。時間は16:20、もう一山困難があると沢の中で日没に追い込まれそうなのでここで遡行を諦め、右岸の尾根から登山道を目指す。幸いヤブはそれ程濃くなく18時には登山道にたどり着いた。
雨降る登山道を降りてベースに帰着したのは21時、久しぶりの15時間行動となった。

7月17日(雨のち曇り)
徒歩で鵜杉駅へ。(記:大塚)

<コースタイム>
ベース(6:05)〜林道終点(6:35)〜右俣出合(8:30〜8:50)〜標高630m右岸支流出合(11:45〜12:20)〜標高690m二俣(13:30)〜標高1000m付近の登れなかった10m滝(16:20)〜登山道(18:00)〜ベース(21:00)

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です