谷川・登川丸ノ沢本谷

2006年7月23日(日)
L佐藤、五十嵐、増田

2006/07/23 大源太:丸ノ沢本谷

夏合宿前の雪渓処理練習を兼ねた日帰り山行として出された計画に参加させていただいた。
前夜清水集落の奥に車を止めて仮眠。翌朝車止めまで移動してそこから歩き始める。林道を歩くこと1時間、大きな堰堤を越えて出合の二俣から入渓した。

後で知ったことだが、この林道は国道291号線「清水街道」。途中から山のほうに別れ、エアリアマップでは破線で「旧国道 清水街道」と表示され、清水峠を越えて湯檜曽川右岸を通り、一ノ倉沢駐車場〜谷川岳ロープウェイ〜土合〜水上へと続いている。秩父の雁坂峠越えと同様通称「登山道国道」と呼ばれているものの一つだ。明治時代に馬車交通を念頭に整備された道で、荒れているところもあるが、基本的には前線に亘り幅員4.0mが確保されているそうだ。

下流部は退屈なゴーロ歩きが続く。3人の釣師に会い、2〜3言葉を交わした後、「もう少し上流の滝の所で釣は止めるので、そこまでは追い抜かないで欲しい」と言うのを無視して先へ進む。右岸から3段の滝で枝沢が合わさった後、勾配が急になり、滝も出てきて少し面白くなる。
二俣は水量比3:2で本流の右俣より左俣の方が水量が多い。本流に入ると渓相ががらりと変わり、両岸狭まったゴルジュの中の連瀑帯となる。いくつかの小滝を快適に越える。4m滝を左壁をへつって越えた所で、奥にもまだ4m滝があり登れそうもないため、そのまま左から高巻く。沢は左に曲がり、高巻きの途中から15m〜20mの滝が見えた。次の7m滝とその少し上の8m滝も左から高巻いた。両岸は雪に磨かれてすり鉢の底のようになっており、東北地方の沢にも似た地形だ。
トイ状の連瀑帯を超えると雪渓が出てきた。びっしりと埋まった長い雪渓で、途中薄くなっている所もあったが、合計で500m位は雪渓の上をてくてくと歩いたのではなかろうか。
長い雪渓が終わると既に源頭部の様相を呈しており、藪っぽくなってきたなという所で沢型を抜け、背の低い笹を漕ぐこと少々で七ツ小屋山北方の登山道に出る。稜線から見る湯檜曽川方面の眺めを楽しみにしていたのだが、全体にガスっぽく視界はあまりよくなかった。それでも十字峡より上の本流はびっしりと雪渓で埋まっているのは良く見えた。湯檜曽川源頭部も山スキーで来てみたいところの一つだ。

登川水系では米子沢や金山沢が有名だが、丸ノ沢は聞かない名前だったので余り期待しなかったのだが、二俣を分けてからのゴルジュは登攀も高巻きもなかなかに面白く、雪渓処理の練習にこそならなかったものの、手ごたえのある山行を楽しめた。ウドとウルイも採れた。

<コースタイム>
車止め(7:40)〜丸ノ沢出合(8:50)〜二俣(11:00)〜稜線(15:00)〜清水峠〜丸ノ沢出合(17:30)〜車止め(18:30)

<1/25,000地形図>
茂倉岳

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です