谷川・湯檜曽川東黒沢〜宝川ウツボギ沢右俣

2006年9月2日〜3日
L関・五十嵐・長南・手島

2006/09/02 谷川:東黒沢~ウツボギ右俣

 今回の山行は、入会希望者の手島さんと一度沢に行くために、関さんの出していた計画を一週早めてもらった。

 土曜朝出。東黒沢は何年ぶりだろう。なにやら最近はハナゲの滝あたりがラフティングかなんかで騒がしいらしいが、今回は幸いなことに単独で白毛門沢へ入る人に会ったのみ。
ハナゲの滝では、初心者の手島さんにザイルをつけてもらうため、関さんにザイルを引いてもらった。
 この春にスキーで滑り降りたときの光景を頭に浮かべながら進む。水量は少なめだが、ナメとブナの東黒沢は美しい。丸山沢に入って、時折、手島さんにお助け紐を出しながらいくが、それでも15時前には広河原に着いてしまった。広川原には先着3パーティ。今年は雪が多かったせいか折れた枝が多く、薪には不自由しなかった。
 昼寝をして魚止まで足を延ばし、刺身と汁分を確保した。

 日曜も天気はよい。F1でザイルを出すが、ウツボギ沢は総じて水量も少なく初心者にはいい沢だ。今回はさらに水量の少ない右俣にはいる。平凡な渓相が続き滝を越えるとナメが断続的に続くようになるが、水流はチョロチョロになる。詰めは小さな草原などがあり、たいしたヤブも漕ぐことなく登山道に出た。(記:長南)

<コースタイム>
2日 晴 9:20駐車場〜10:10白髪門沢出合10:25〜11:05二俣〜13:30暗部〜14:30広河原
3日 晴 テン場7:30〜8:30二股〜12:05登山道〜15:50駐車場

<1/25,000地形図>
芝倉岳

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です