朝日・荒川キリノ沢〜石滝川ソデキリ沢下降〜石滝川〜荒川岩井沢下降

2006年9月30日〜10月1日
L長南・佐藤・小南・手島

 新人2人を連れて行ける1泊の朝日の手軽なルートということで、今夏の悪天用に計画しておいたルートに行ってみることにした。

 前夜、最近の定宿の関川道の駅にて仮眠。土曜早朝。針生平への林道を末沢川への乗越ルートの手前あたりに車を止め、見るからに貧弱なキリノ沢へおりる。キリノ沢は予想通りに何もない沢。稜線には踏跡が交錯している。
 キリノ沢は予想通りだったが、下降したソデキリ沢もある程度予想通りだった。地形図に滝マーク2つ、ナメを想像させる源頭部の地形。実際降ってみると、規模は小さいが真っ平らな砂岩系のナメが続き釜やトイ状の小さな滝が続く、ちょっと毛色の変わった沢だ。
 15m程の斜瀑で、懸垂下降が初めての手島さん向けに懸垂下降の練習をする。地形図の滝マークは3段25mと2段30m。ともに2ピッチの懸垂下降で降る。途中、懸垂中に手島さんのザックからアイスハンマーが落ちてきてテラスの釜に沈む。手島さんが潜ってみるが見た目はそれほど流れもない直径2m程の釜だが、潜った手島さんは足先まで消えるほど深い。とても回収できないようだ。上から降りてきた泳力抜群の小南ちゃんに潜ってもらい回収する。
 最後の2段30mから石滝川本流はすぐ。ゆっくりと遊びながらテン場へ向かう。テン場は左岸の広い河原。小南ちゃんの宴会山行並の食材と今年最後の山の幸で豪勢な宴となった。

 日曜も晴れ。石滝川は緩やかで岩井沢への乗越ための支流までは2時間もかからない。特に悪場もなく850m付近の岩井沢への乗越へ。岩井沢側はかなり急なので木を頼りにトラバース気味に降っていく。最後、沢筋に降りる急斜面で手島さんが後ろ向きに剥がれるように落ちてきてヒヤリとするが、ケガもなくほっとする。
 岩井沢自体はほぼ伏流で奥の二俣あたりで流れが出てくるが、沢らしくなり二俣のすぐ手前の滝上右岸から踏跡に上がる。少々分かりにくい踏跡だが、大石沢の小屋あたりで登山道に出る。

 林道に止めた車を回収して、関川のゆ〜む(500円)とお決まりのコースで帰途につく。(記:長南)

<コースタイム>
30日 晴 8:40キリノ沢出合〜10:50乗越〜13:30石滝川本流〜14:50BP
1日 晴 BP8:10〜10:00乗越の沢出合10:30〜11:10乗越〜12:20二俣手前踏跡〜14:00林道終点

<1/25,000地形図>
徳網

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です