奥秩父・廻目平〜金峰山〜瑞がき山荘

2007年1月13日(土)〜14日(日)
L関、五十嵐

2007/01/13 奥秩父:金峰山

 金峰山荘までタクシーで入る。トレースはついているが、登山靴が重いのと靴跡に足をとられ、歩きにくい。

小屋泊まりのため荷物は軽いはずだが、久しぶりの泊まりのため荷物は重く、正月明けで身体も重く・・・。沢沿いを離れ、尾根に向かって登るところは急坂で雪はざら目状ですべるし、雪の量も増え、身体を持ち上げるのがつらい。中ノ沢出合と金峰山小屋の中間点の標識を越えると、尾根道になるが樹林の中でうっそうとしている。
 ひたすら歩くが時間切れで、ツェルトを張る。足はつるし、へろへろでした。関さんのゴアのツェルトは快適で、でこぼこの底に水もたまらず、あたたかい一夜をすごす。

 翌日は早めに出発。ビバークした場所から金峰山小屋までは関さんの読みどおり30分以上かかる。そこから頂上までは森林限界を越えていて見晴らしがよく、気持ちがいい。

 金峰山の山頂を独占!帰り道は尾根道で見るからに気もちよさそう。景色を楽しみながらるんるん気分で富士見平へ向かう。途中日帰りの中高年登山者の団体に会う。大日岩で休憩し瑞がき山荘へ。瑞がき山荘からは車道をだらだら下るという、もくろみははずれ、アイスバーンになった道を緊張しながら歩く。バス時間までの時間が足りず、増富温泉か帰宅時間かで帰宅時間を選択し、帰京する。
 思ったより雪が多く楽しい山行になった。(つらかったけど) 次回は温泉に入るぞ!(記:五十嵐)

<コースタイム>
13日 廻目平12:10〜中ノ沢出合13:55-14:10〜中間点標識15:30〜2300m地点ビバーク17:00
14日 出発7:15〜金峰山小屋7:55-8:10〜頂上8:45-9:00〜大日岩10:20-40〜富士見平11:40-12:00〜瑞がき山荘12:20〜増富温泉14:15

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です