南会津・二岐山

2007年2月12日(月)
L五十嵐、大塚

2007/02/12 南会津:二岐山

 日帰りの雪山。雪があって、人がいなくて、沢を雪におきかえたような静かな山。となると、場所選定がむずかしい。特に今年は雪が少ないし。スキー場の積雪情報を参考に、大塚さんの発案で二岐山に行くことになった。

 とりあえず、朝一番で大塚さんに来てもらい、浦和を5:30に出発。ほぼ3時間で二岐温泉につく。除雪は温泉から先、数十メートルまで。林道歩きからわかんをつける。積雪は多すぎず少なすぎず。御鍋神社からは山道になり傾斜が増す。ところどころ夏道の標識があるが、登山道自体の目印が少なくルートに気をつかう。ブナ平とよばれる広いブナ林で昼食。天気はいまいちだが、自分たちだけという贅沢を味わう。ここで道がわからなくなりさがすが、ただっぴろく探しようがない。視界もよくないので方向ははずさないように、さがしながらブナ平を横断。伐採跡はかなり広範囲で痛々しい。植林されており、はやく追いついて以前のように生い茂ってほしいと思う。

 再び登りになり、道に出会う。この先は、大塚さんは道を気にする様子もなくがんがんまっすぐ登っていく。確かにこの方が速い、と思いつつ、着いていく。樹林帯をぬけ最後はしゃくなげに足をとられながら、山頂に到着。風が強く、視界ゼロ!視界がよければ栗駒山、飯豊、会津・・・見えるはずが。女岳も見えない。

 樹林帯まで降りて休憩し、下山。雪道の下山は快適。道がわからなくなった地点で夏道ルートを確認。植林保護のためか大きく西側を巻いているようだ。帰りの林道は、やや下りで楽なはずだが、足が重くつらく感じた。

 パワーあふれる大塚さんのおかげで無事山頂まで行けた気がする。ありがとうございました。前夜発日帰りなら行ける山域も広がるので、なんとか泊まる場所を工夫して日帰り雪山山行を続けていけたらと思う。1ヶ月も山行があいてしまうと体力筋力ともに落ちてつらいので、月2回のペースは守らないと。(記:五十嵐)

<コースタイム>
二岐温泉9:00〜御鍋神社登山口10:35〜ブナ平11:55-12:10〜男岳13:30〜男坂標識13:50-14:10〜御鍋神社15:00-15〜二岐温泉16:40

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です