北ア・上高地〜徳本峠〜霞沢岳〜上高地散策

2007年4月28日〜4月30日
L五十嵐、関、その他(長浜さん)

2007/04/28 北ア:霞沢岳(K1)

 徳本峠越えのルートをぜひ歩こうと計画したのだが、島々からの登山道は二俣の吊り橋が使えず数十箇所の補修箇所とのことで登山道は通行止め!になっていた。島々谷は沢も大きく、さすがにこの時期に渡渉はきびしいと思い断念!ガイドブックを見ると体力、技術力ともに高いので無理かなと思いつつも、ピストンで引き返すことができるルートなので、霞沢岳を選んだ。

28日 今日は徳本峠までなので、朝発の特急に乗る。運良く指定が取れたが、指定は満席でやはり混んでいる。松本でアクシデントが発生し、一本、あとの列車で上高地をめざす。遅らせたためか松本電鉄もバスもすいていた。途中、島々谷の水量をチェック。非常に少ない。(堰堤多いのかな?) これなら行けたかと後悔の念が・・・。上高地に近づくにつれ雲行きがあやしくなる。一時雨の予報はあたり、上高地は雪であった。
 休憩所の中でお昼をすませ身支度する。雪のため歩くのがおっくうになるが、歩き始めると人が少なく、かえっていいかもと思う。明神をすぎ、徳本峠の道へ入ると我々だけになった。うっすら雪がかぶった橋を渡るといよいよ登りとなる。先行者のトレースは消え、赤布もほとんどなく、徳本峠に行く人は少ないんだなと思う。大きなデブリの下に左から沢が入り1つだけ赤布があった。向こうにスカイラインが見える。道の状態とルートを確認し、沢をつめることにする。かすかに先行者の足あとが残っていた。行く手にトラロープが張られ小屋は左のマークがある。このままつめることもできそうだが、トラバースの方が小屋に近いのでトラバースを選ぶ。途中まであった赤布が突然消え、足跡は上に!え〜トラバースでないの?迷った末、足跡を選ぶ。結局、尾根に上がり、尾根から徳本峠に着いた。そのまま沢をつめた方が早かった。(そのままトラバースするともっと早かったことが後でわかった) 徳本峠は風が強く、こたつに誘われて、小屋に泊まることにした。素泊まり5500円。泊客6人、テント3人?夜半は風もやみ星がきれいだった。

29日 快晴。あまりの快適さにねぼうしてしまった。あわてて支度するが、そのまま寝てしまったのでなかなか進まない。尾根道は昨日凍っていたのでアイゼンをつけて出発。ジャンクションピークまではほぼ夏道とおり。先行者のトレースがありがたい。先行者はジャンクションピークで引き返すようで、先はトレースなし。ジャンクションピークを経由しなかったためか尾根の取り付きが見えず、少しさがした。尾根に入ってからは赤布もあり、迷うことなく進む。登ったり下ったり、ほとんど登りではあるが、帰りもかなりかかりそうだ。急斜面はステップを切って登り時間がかかった。2400m付近は尾根が広くテン場適地だ。長浜さんはここでしばらくお昼寝しながら待っていてもらうことにする。
 しばらく行くと尾根は森林限界となり両岸が切れ落ちた雪稜となる。北側にところどころ小さな雪庇ができていた黒沢源頭部は北側も南側も切れ落ちていて、どうやって行こうか悩んでしまったが、K1が目の前に見え行きたくなったのでがんばることにした。一箇所稜線南側に踏み出せず、北側の雪庇の下をトラバースしたが、そこ以外は一番安全なルートをとれたと思う。直下はキックステップで登った。K1はとても風が強かった。上高地までよく見える。ここから霞沢岳までの稜線の雪庇は亀裂が入りとても危なさそうだ。K1からK2の下りも急でとてもむずかしそう。1時間で往復は無理。ということで、ここで引き返すことになる。北アの稜線に2人!という、これ以上ない状況を味わい慎重に降りる。下るにつれ、雪は緩み歩きやすくなる。途中で一人で登ってくる元気な登山者に会う。長浜さんと合流。昨夜小屋に泊まった登山者が一緒だった。なんでもジャンクションピークで道に迷ってしまい3時間位歩き回ったとのこと。下山は、5人、入れ替わりながら歩いた。ジャンクションピークにもどるゆるい登り坂は長くつらかった。徳本峠にもどるとすでにテント3張り。本日はテント泊としたが、テントに入ったら疲れが一気に出て、ほとんど関さんにやってもらった。すみません。

30日 今日も快晴。ゆっくり支度する。小屋にまっすぐトラバースできるように小屋のおじさんが赤布をつけてくれたとのこと。たどってみればものすごく速い。あっという間にトラロープのところに着いた。雪の沢道は足跡だらけで、こんなにたくさんの人がいつ登ったのかと思うくらいでこぼこの道に変わっていた。そうここは北アで、上高地から近い。トレースのない中、登ることができたのは本当に幸運だったことを実感!下りは速く、あっという間に林道まで降りた。穂高神社、拝観料の必要な明神池、そば、散策、温泉と一通り観光し、直行バスで新宿に帰京した。

 上高地をよく知らない私が計画を立てたので、実はちょっと心配だった。結果として、霞沢岳のピークまで行けなかったが、トレースのないK1まで行けたのでよかったと思う。今年、権現岳に関さんと同行し、お互いの力量や体力などわかっていたのもよかったと思う。今回の山行を通してGWは雪もしまり、私でも行ける雪山のエリアが広がることがわかった。体力をなんとかすれば、・・・。(記:五十嵐)

<コースタイム>
28日 上高地13:35〜明神分岐14:35-40〜徳本峠17:50
29日 徳本峠6:20〜ジャンクションピーク7:50〜休9:10〜2400m付近10:30〜K1 12:15-30〜2400m付近13:25-35〜ジャンクションピーク15:55〜徳本峠17:20
30日 徳本峠8:20〜橋9:10-?〜明神10:10〜上高地散策

<1/25,000地形図>
上高地

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です