朝日前衛・荒川樋ノ沢川北俣沢

2007年6月30日(土)〜7月1日(日)
L佐藤、増田、長南

2007/06/30 朝日:樋ノ沢川北俣沢

 昨年に引き続き、この時期に朝日前衛に行くことになる。今年は参加者が多く2パーティにするとのこと。昔の25000分の1地形図「塩野町」を見ると峠道が載っていた樋ノ沢川周辺に関心を抱き、道の偵察も兼ねて樋ノ沢川北俣沢〜樋ノ沢川本流下降という周遊ルートを計画する。

 前夜、道の駅で泊まり、藤沢川パーティを見送ってから片づけをして出発する。雨は止んでいるが、道路から見える荒川は濁流となっている。今日の行程は時間的余裕もあり、あまり急いで行っても増水しているだろうと思いながら、樋ノ沢川へ向かう。林道に入ると、周りの草がなぎ倒されているなど、水が流れた跡があったり、橋の脇が増水で削られたりしており、昨日の増水の大きさに驚いた。終点に着いて川を見ると濁りは概ね取れてはいるものの、かなりの水量だった。雲行きも怪しく小雨も降ってきたので、少し様子をみることにし、車の中で少し眠ることにした。

 水量はまだ多いが、余り遅くなってもいけないので、1時間程してから身支度を済ませて出発する。

 沢の水量は到着した時よりは減水したものの、まだかなり多い。樋ノ沢川から堰堤まで少し下り、北俣沢に入る。最初はバックウォーターのような感じだが、流れが強く、いきなり股まで濡れてしまった。沢はすぐに穏やかな流れになるが、枝沢からは勢い良く水がでており、やはり水量は多い。しばらく遡ると次第に両岸が狭くなり、ゴルジュとなる。一見行き詰るかと思った所に、右から人が巻いたような跡があった。しかし、長南さんがどんどん行くので、我々も着いていく。左からはナメ滝で沢が出合い、右からは岸壁から水が落ちている。程なくさらに両岸が圧縮され、奥にどうみても突破出来そうもない5m滝が見えてくる。手前の渕からもろに浸かるので、左岸の急な草付から高巻く。上の大地に上がると、やはりしっかりした踏み跡があったので、それをたどりゴルジュの上流に降りた。ここから渓相は穏やかとなるが、所々スラブの壁となっている。水線のある沢の出合を過ぎると、再び両岸が狭くなったりするが通過できない程ではない。続く二俣は泊まる候補地の一つであったが、川原はあまり快適そうでなく、ヤブもいまいち。ここで遅い昼食をとり、泊場を探しに行くと次の二俣の少し上流に台地がある。いまいち快適ではないが、上流にはしばらくなさそうなため、草を刈り、石をどけてタープを張った。午後は左岸の沢を登り、山道探しをしようと思っていたが、猫の額程の川原では焚き火をしながら横になれないと、川原の造成工事を始める人がいる。2時間程で納得がいったようで、とりあえず道探しに行く。まず、泊場のすぐ上流の右岸に踏み跡の入り口を見つけた。地形図上よりは下流である。泊場の下流の左岸の沢は2本ともすぐに通らずとなり、あきらめて早々に焚き火を囲む。
 翌朝は、朝のうちに地形図に載っていた山道を探すべく、左岸の尾根を少し登る。するとやはりありました。かなり幅のあるしっかりした山道だ。たどっていくと、沢に降りる辺りは崩れている。対岸の上り口は分かったものの、見失う。やむなく地形図上の道が迂回しているであろう尾根に取り付き探すものの、見つからない。鞍部にもなく、尾根のピークまで登ってもないので半分諦めてさらに上の鞍部から沢を下ろうということにする。鞍部にも踏み跡はなく、諦めて沢を下っていくと、突然しっかりした踏み跡を見つける。地形図とは場所が違っていたが、地形的にはありそうな場所である。この道を上流にたどっていくと、一旦広い草原を通り別の鞍部に出て、斜面をトラバースするように付いていた (たぶん大峠まで)。帰る時間が遅くなるといけないので、今回はここまでにして、泊場に戻った。

 泊場から荷物を背負い樋ノ峠への道の入口に行くと、何と昨日はしていなかった刈払いがされている。???という感じで登っていくと、すぐブナ林となり、快適な山道をわずか20分程で峠に着いた。峠からも樋ノ沢川に降りるまで刈払いされていた。途中からは植林もあったり、最後は広いワラビ畑(有料のワラビ園なので無断で採ってはいけません。)を通り、林道終点に戻った。当然のごとく沢の水量は半減していた。

 林道終点にいた地元の人が、道の刈払いをしたとのことなので、この道のことを色々聞くことができた。話によると、昔は米坂線沿いではなく、この道を使って塩などを運んでいたそうで、馬が塩などの荷を背負って通っていたそうである。また、米坂線も当初は、この道沿いに通す計画だったそうである。なお、つい最近までは、毎年、県境の大峠まで道の刈払いや補修をしたとのことで、今日がまさにその日だそうである。ちなみに、林道も石や流木がどけられ、橋の脇は土で補修されていた。

 いずれまた、この道を探索しつつ、長津川源流まて行ってみたい。(記:佐藤)

<コースタイム>
6/30 林道終点(9:30) 最初の水線のある左岸の沢出合(11:10〜11:30) 次の左岸の沢出合(12:15) 二俣出合(13:15〜15:55) 泊場 (14:00)
7/1 泊場(11:10) 樋ノ峠 (11:30)  林道終点(12:15)

<1/25,000地形図>
三面、舟渡

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です