谷川・魚野川万太郎谷大ベタテ沢右俣

2007年7月8日(日)
五十嵐、斎藤さん他2名

 「昨年、中止になった釜川のヤド沢に15-16日でいくけどどう?」とお誘いを受けた。行きたかったが、どうしてもはずせない用事があり、その前の週は大ベタテ沢ということで同行させてもらうことになった。
 

万太郎本谷は堰堤工事のため、入渓地点まで舗装道路となっていた。工事現場のど真ん中を通ったので、もし工事中であったなら気を使うだろう。
 大ベタテ沢は傾斜の強い沢でフリクションのきくスラブ滝が多い。フリクションがきくとはいえ、てがかりが少ない滝はむずかしく、いつもなら巻くところだが、ロープに助けてもらって登らせてもらった。ロープがあってもむずかしいところだった。あいかわらず、斎藤さんのロープの扱いはすばやく無駄がなく勉強になった。
 稜線からは吾策新道を約1時間で、車までもどることができた。

<コースタイム>
車止め7:30〜大ベタテ沢出合8:10-30〜二俣8:55〜稜線13:25-40〜車道14:30〜車止め14:40

<1/25000地形図> 茂倉岳

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です