御坂・芦川横沢

2007年7月21日(土)
L佐藤、長南、関

2007/07/21 御坂:芦川横沢

 お天気の都合で転戦、御坂芦川横沢となった。私は御坂は初めてだ。入渓点の橋から沢を覗いてみるとナメ滝で始まっていてなかなか期待できそう。足ごしらえをして出発。

 沢は大きくないがナメやナメ滝が続きなかなかよい。特に困難な箇所もなく快適に進んでいくと左から枝沢が入り、ゴルジュとなる。5月の五十嵐さんの記録では、このゴルジュの先に「不動滝」があるらしい。このゴルジュ、抜けられるのか?入口の小滝を越えるとその奥にCS7m。右壁にはシュリンゲがかかっているが、ちょっと微妙なので巻くことにする。しかし両壁が高く、簡単には巻かしてくれなさそうである。ゴルジュの入口までもどり、右岸から巻く。巻き始めからずるずるしていやらしい。木の根っこを探しながら登る。トラバースして行き、ルンゼを1本越えると壁になる。壁下を通れるか、長南さんが見に行くが「×」が出た。そこから懸垂すれば、ぎりぎり落ち口に下りられそうだったので、最後は若干のゴボウを交えて懸垂で下りた。滝をいくつか越えると35mの「不動滝」が現れる。地形図の屈曲しているところで、地形図に書かれている不動滝の位置は間違っている。ここは左から巻いた。

 滝の上に出ると渓相は穏やかになりナメが出てくる。左から入る枝沢の出合でお昼休憩。ここで今日はどこまで行くかの話になる。ツメ上がってもこの天気ではガスガスだろうし、五十嵐さんの記録ではこの先は普通らしいし、と言うことで適当な所で左岸尾根の道に上がることとする。のんびりと出発して、のんびりと歩いていると、こんなマイナーな沢なのに単独の人がやってきた。話を聞くとあのゴルジュから不動滝までシャワーで直登してきたと言う。すごいっ!単独でよく恐くないな〜。蛭ヶ岳までツメ上がるらしいが、我々軟弱チームはその先で左岸の斜面をシカさんの道らしきを拾って尾根の道に出た。下ること約30分。芦川沿いの車道にでて車まで戻った。

 途中から「軟弱チーム」となったが、スッキリしないお天気の中、転戦した沢にしてはそれなりの巻き、懸垂あり、そして登れる滝あり、ナメあり、と体鈍り防止になりつつ楽しめてよかった。(記:関)

<コースタイム>
橋(9:00)〜出合(9:50)〜出合(11:45〜12:50)〜(14:20)〜尾根(14:35)〜向村(15:10)

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です