中ア・中田切川大荒井沢〜マセナギ〜荒井沢下降

2007年7月28日(土)〜29日(日)
L佐藤、大塚、関、五十嵐

2007/07/28 中ア:中田切川大荒井沢~荒井沢

 東北、新潟方面がお天気が悪いため、昨年入渓地点まで下調べ済みの大荒井沢を遡行することになった。前日は駒ヶ根市の池のほとりにテントを張り、仮眠した。

 翌日、朝早くから散歩する人がめざましになった。早々に撤収し、裏の道から目的地に向かう。下調べ済みのためスムーズに目的地に向かったが、たとえ昼間であっても心ぼそくなるような車1台がやっと通れるような道で、初めてならきっと迷ったと思う。目的地に近づくと堰堤の工事に車が入るためか急に道がよくなった。
 待避所に車をデポし出発。工事地点まで約1km手前。ここの工事管理者はなかなかつわものらしく、こまめな工事表示、おしゃれな仮設休憩所、トイレ、とても気がきいていた。休憩所の裏から続く山道をはいると降りる道があり、そのままたどると荒井沢との出合に降り立った。
 中田切本谷は白っぽいきれいな渓相で、水量がゆたかできれいな正沢川を思い出す。切り立った岩壁も沢が開けており、威圧感がなく見とれながら進む。ところどころナメが現れ、3つ並んだ大岩を越えるとゴルジュになりようやく滝が現れた。V字状に豪快に落ちる10m滝は煙りの滝と呼ばれているらしい。次の10×20mと一緒に右岸を巻いた。再び川原となりときどき魚も見える。1mほどの落ち込みが続きようやく大荒井沢出合についた。
 ひといき入れて、出発。最初はゴーロで...ずっと続く。ゴーロといっても石は大きく乗り越えは疲れる。小滝はあるが、変化がない。おっ、滝だ!と思ったら、横綱の滝だった。左から巻くと、縞模様のナメがあった。本谷の岩は白かったが、大荒井沢はやや赤茶色でたまにおもしろい模様がある。たまに現れる滝を楽しみに、おだかやな渓相をすら歩く。(ゴーロは疲れる!)
 このまま今日が終わってしまうのかと思われた頃、前方が岩壁となり曇りの滝80mが現れた。(ガイドブックでは3段120mとなっていた)けもの道をたどりながら右岸を巻くが次第に傾斜はきつくなり、上部の岩壁に阻まれ断念。トラバースできるところまで戻り行けるところを探す。結果的には、下流の右岸のルンゼまでトラバースしてルンゼから尾根に上がり高巻く。そこだけ岩壁が切れていた。この高巻きに約1時間半かかった。曇りの滝の上でテン場を見つける予定だが、しばらく滝が続いている様子。が、幸いすぐ上に砂地があり、樹木を片付け整地してテン場を作った。大塚リーダー、佐藤さん、関さんの奮闘で、みごとなテン場になった。焚き火はテン場の上となり、岩場をひとこえするため、ロープを固定。薪もあつまり焚き火を囲み宴会。さすがに高度が高いため日暮れとともに冷え込み着込んで就寝。シュラフカバーだけでは寒く、夜中なんども目がさめた。
 翌日は滝の連続で始まる。昨日までとは異なり、登れる滝が連続している。昨日は今年度スカ沢NO.1か?という話も出たが、汚名挽回。なかなか楽しい。1時間強で傾斜がゆるみお花畑となる。そのまま小屋前の水場に出た。空木岳までのピストンは、天気が午後から崩れるということなのでとりやめ、小屋前でタープを乾かしながら休憩。アルプスとはいえ、このあたりは縦走者も少なく健脚そうなおじさんパーティのみ。空木岳はガスにつつまれたり、姿を見せたり、ひろびろとした稜線をながめゆっくりした。
 小屋からは池山尾根の登山道を通ってマセナギをめざす。エアリアマップの危険マーク、迷いマークのところは表示があった。下降点のマセナギまで約1時間40分、歴史を感じる表示があった。マセナギ付近は大きな崩壊地で、それがそのまま下降の荒井沢に流れ込んでいるようだ。急傾斜ではあるが、ナメ滝は埋められ、ゴーロ(ただし歩きやすい普通の大きさ)の沢になっていた。特に問題となるところはなく出合まで2時間半ほど。登山道より速い!(注:一気におりれるため、後日筋肉痛になります)泊まりの荷物を背負っての下降は気をつけていたにもかかわらず翌日以降にダメージがきました。
 帰りは予報どおり雨になった。中央道は渋滞。渋滞しなければ中アはそれほど遠くないのだが。(記:五十嵐)

<コースタイム>
28日 出発7:25〜尾根下降7:50〜荒井沢出合8:00〜煙りの滝上9:10〜大荒井沢出合9:50-10:10〜横綱の滝11:05-15〜昼食11:55-12:30〜小荒井沢出合13:10-25〜曇りの滝14:40-15:00〜曇りの滝上16:30〜テン場16:40
29日 テン場7:40〜休8:50-9:10〜空木小屋10:05-11:00〜2415m12:05-15〜マセナギ12:40-50〜休13:35-14:10〜休15:00〜荒井沢出合15:40〜車16:10

<1/25000地形図>
空木岳

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です