朝日・東大鳥川冷水沢〜八久和川戸立沢下降〜同平七沢

2007年8月11日(土)〜14日(火)
L佐藤、松之舎、古川原

2007/08/11 朝日:東大鳥川冷水沢〜八久和川戸立沢下降〜同平七沢

8月11日(土)晴れ
 池袋・国立劇場前に集合時間ぎりぎりに着く。それにしても、ものすごい人の数だ。バスがひっきりなしに離発着を繰り返している。ある程度人が少なくなったところで、我々の乗る鶴岡行きのバスが来た。やや時間に遅れて出発。バスの中では、アイマスクと耳栓で快適に寝た。

 翌朝、1時間弱の遅れで鶴岡着。大鳥まで行くバスの時間ぎりぎりなので、各自慌てて買い出し等を済ます。朝日屋の前でマイクロバスに乗り換え、泡滝ダム9:25着。今日は長い行程の長い一日となるだろう。天気は上々、そしてアブのお迎えも無し。今年はこの上ない好条件が揃っていると言える。

 11:00冷水沢出会い着。遡行を開始してすぐに沢が右に曲がるところで、沢の中にも関わらず、眺望が開ける。遠く今日乗り越える稜線が見える。いい景色だ。沢が開けていて天気も良いので、本当に気持ちが良い。この沢は特筆すべき点はあまりないが、初めの二又を越えてすぐにまたある二又は滝と滝が途中で一緒になり、一つの滝となって2段で20mほど落ちている。なかなか珍しい形だ。ここはやや急であったが、すぐ右を腕力で登る。登り切ったところで昼食休憩とし、その後も特に何も無い遡行を再開する。地形図上右岸にガレマークのある辺りからは、沢にヤブがかかり、また水も途切れたり出たりの繰り返しとなる。天気はとても良く、暑いので、佐藤さんと松之舎さんは調子が悪いようだ。軽い脱水症状のようだったと、後から聞いたが、これは前夜のバスの待ち時間と車中でかなり飲んでいたせいでもあろう。佐藤さんから自分に荷物を多少振り分ける。
 源頭近くなってきて、沢もかなり急になってくる。お助け紐を駆使しての登攀・荷上げの繰り返しとなる。なかなか足元も滑り、手のホールドも良いところがなくいやらしい。調子が悪いこともあって、時間もかかり、稜線を越えるのが遅くなるのではないか、そして今日のテン場予定地に着くのか、不安になる。
 稜線直下の大きなガレは地形図上の弱点を突いて、左から巻くようにトラバースとした。しかし、稜線はかなり濃い藪で向こう側が見えない。しかも向こう側に落ちている方角が、茶畑沢方面で一瞬焦る。やはりトラバースをすべきではなかったかと思ったが、少し登り返して見渡してみると、その下りは池塘までのものであった。佐藤さんと松之舎さんは見てなかったと思うが、その池塘の水面には鳥が泳いでいた。

 この時点で16:00。少し藪を抜けた先には、ニッコウキスゲの咲く草原の急斜面が拡がり、遥か遠く二又近辺までの沢床までが見える。そこまで届くのかやや不安になるが、先を急ぐことにする。松之舎さんはこの方が楽だと言って、草原を尻で滑っていく。強引だなあ、と佐藤さんが呟くも確かに早い。滑り終わった先からは沢形となっていて、かなり急であったが、松之舎さんはぐいぐいと、もの凄い早さで下りて行く。本流出会いに近くなってきたところで、6m程の滝が連続する。いずれも小さく巻き下りたり出来て問題ない。本流に出たところで雪渓が突然現れてびっくりした。幸い下流の方はほとんど崩れているが、上流は見える限りびっしりだ。
 崩れた雪渓の間をすり抜け、その後も順調に高度を下げる。途中2,6,4m・3段の滝が一箇所出てくるが、左から小さく巻く。そしたら、もうすぐ今夜のテン場予定地の二又だ。そろそろいい時間となっていたが、テン場予定地まで行ってしまおう、というL佐藤さんの判断の下、無事18:00二又テン場予定地に着いた。長い一日でかなり疲れたが、冷水沢の遅れを下降で一気に取り返し、無事予定通り着いたことに安心する。いい焚き火に暖められて眠りについたが、夜は結構冷えた。

8月12日(日)晴れ
 本日も晴天である。空には雲1つない。今回は天気予報から夏合宿中ずっとの晴天は保証されているようなものだ。7:00に出発。すぐに7‾8mの滝がいくつか出てきて、小さく巻いたりして下りる。平凡な流れではあるが、朝日が明るく差し込み、とても美しい。やはり沢は好天に限る。しばらくして、泳がないと大変な巻きになる釜が出てくる。もう既に暑いので、威勢良く飛び込み、泳ぐ。まるで朝のシャワーのようで、本当に気持ちが良い。
 沢が北に屈曲する辺りから両岸立ったゴルジュとなる。基本的に問題なければ、先程の勢いで小滝は釜に飛び込んで突破する。途中、1箇所だけ飛び込むと帰って来れない小滝があるので、自分1人荷物をおいて偵察に行く。かなり先の方まで行ったが、問題なさそうなので帰ってきてみんなにも飛び込んでもらう。もしここを巻くとなったら、相当時間がかかるだろう。逆に、この沢を登るときも同様に相当時間がかかるだろう。
 休憩を挟んだ後に、出てきた15mの大滝は右から簡単に巻き下りれた。その後も釜に飛び込みつつどんどん先に進んでいく。結局、予想に反してあまり苦労をせずに、茶畑沢出会いに着いてしまった。しかも10:45。今日は若干の余裕のある1日になるであろう日であったが、それ以上になって、ほっと心に余裕が生まれる。すれば、沢の美しさを愛で、良い天気を愉しむのも自然な流れというもの。ここでは1時間半休憩した。

 30分もしないで八久和本流に着く。ここに来たのはもう5年以上ぶりかもしれない。相変わらず大きな流れに驚く。前回来たときも水がとても少ない時であったが、今回も若干少ないようだ。確かに今までに来た冷水沢でも戸立沢でも通常より3〜4cm水位が低いようであった。
 石滝を越え、その先のちょっとしたゴルジュを巻き、大プールも右から巻く。大プールは全く記憶になかった。そして15:00平七沢出会い河原テン場に着。最近稀に見る早い時間の行動終了となった。

 テン場はタープを張るのに適している箇所に焚き火跡がたくさんあり、少々感じが悪かった。水流近くに焚き火場を大造成した後、佐藤さんと自分は釣りに行った。自分は結構粘ったのではあるが、あまり大きくない1匹をかけて、水流に引っ張られ糸を切られてしまった。八久和に来てからは数時間前のものと思われる先行者の足跡があったので、不安はあったのだが、今年の夏は他にも釣り師が入っているのであろう。諦めて帰ってきたら佐藤さんは尺前後を2匹テン場近くで釣っていた。あまりにも残念なので、テン場近くで再チャレンジをしたら、なんと今度は人生初の尺越えを釣り上げてしまったではないか!余りにも嬉しかったので正確に測定してみたら、37cm。人生初の尺越えでしかも35cm越えである。佐藤さんにその幸運を褒められた。お陰で夕食には岩魚料理がたくさん並んだ日となった。バター焼き、刺身、なめろうなど。
 夜は、やはり八久和本流だけに虫が多く不快だったが、空が広く、星が美しかった。流れ星が流れる度に松之舎さんが大きな声を上げた。

8月13日(月)晴れ
 明け方はまたしても寒く、あまりよく眠れなかった。今回の合宿は軽量化のため、サマーシュラフもエアーマットも無しである。自分としては背水の陣をひいて臨んでいたのだ。さて今日は平七沢下流部を突破する核心日。にも関わらず、朝遅い出発となった。8:00テン場発。

 平七沢入ってすぐの3段2,4,4の魚止めの滝はちょっと登ったすぐ左から巻く。魚止めを越えると、一旦穏やかな渓相となる。でもすぐに第1ゴルジュ帯に突入する。いずれも落差はあまりないが、両岸立った中で深い釜を湛えている。巻くには難しい渓相だ。初め3m,続く4mは掛かっている倒木の上を簡単に行く。次の5mは右から、荷上げを行って突破する。その後続く小滝・釜も積極的に浸かったり泳いだりして突破していく。結構な時間がかかった。

 第1ゴルジュ帯を抜けると、正面に支沢が30m程の落差を伴って注ぎ込んでいる。非常に開けて開放的なところでもあったので、とても豪快だ。そのすぐ先のプール状になった小滝は左から小さく巻く。
 そしてしばらく進むと第2ゴルジュ帯となる。

 第2ゴルジュ帯の始まりは2段10,2の大滝だ。ここはすぐ手前左のところをウドやシシウドの茎を?まりながらの登りとなる。天気が良いので、しばらく登った潅木中の藪が美しく見える。普段は陰鬱でつらい高巻きが、こんなにも快適で気持ちのいいものだとは知らなかった。
 しかしながら、この滝を越えてもすぐに登攀不可の滝が連続している見える。何せここは地形図上の屈曲部。ある意味当然で、トラバースを継続することにした。下に見えた限りで、5斜瀑,10,10,不明,10,10,2段3mの計7つの滝が確認できた。トラバース自体はそれほど急な斜面でもなく、楽に越えたが、沢床に再び着いたときには1時間が経過していた。お陰で屈曲部はほぼ全て巻いてしまった。

 途中2段8,4mの滝を小さく巻き、少し行ったところで両岸が迫り、大滝が現れる。4段の5,15,10,8mの大滝。しかももの凄い両岸が切り立っている。普通なら地形図上は、なんてこともない、ちょっとした沢の屈曲でしかないのだが、やはり朝日は違う。いずれにしても大高巻きになることを覚悟し、少し手前、右岸のルンゼを登り始めた。
 かなり高度を上げたが、それでもとてもトラバースが出来そうな傾斜ではない。どんどん上へ追いやられてしまい、言い過ぎかもしれないが150mくらいは登ったのではないだろうか。その辺りでトラバースを開始する。小尾根をのっ越した時、二又の先の本流が見えたが、とても登れそうもない10m前後の滝がまた連続しているのを見て、やや暗い気持ちになった。下りは急斜であったが、幸いにもザイルは使わずに沢床まで下りれた。途中で8mくらいの滝があったのでそれも一緒に巻いた。ちょうど滝と滝の間に降りてしまっていたが、すぐ目の前の10mと次の7mが登れたことが本当に幸運だった。

 15:00二又着。昔、佐藤さんが来たときはこの枝沢からエスケープしたらしい。今日のテン場予定地は最後の二又であるが、これでは難しいかもしれない。既に陽は傾きかけていたが、先程の高巻きにかなり消耗したせいなのか、長めの休憩を取った。
 そして、すぐに現れる、すっと落ちている本流の12mの滝を確認したのち、左から取り付く。先程の大高巻きのときに確認した通り、下のほうでは、滝の音が止むことがない。しかし、実際いくつ滝があるのかは確認できなかった。それら全てを巻き終えて降りた所では、すぐ下流に登攀不可能な2,3,2,5の滝が連続していた。これもまた長い巻きであった。

 そこからすぐに今度は雪渓が現れた。1つは崩れており、次は上を歩いた。そしてもう1つ崩れた雪渓をこえたところで、小さいながらもテン場適地があった。そのすぐ先もブロックが続いていたが、巻きをまた必要な滝を認めたので、予定地より前だが行動終了とする。時間も16:30といい時間になっていた。

 テン場はブロックのすぐ下で寒い風が吹き続けていた。それを避けるようにタープを張り、火を起こす。3日続けて満足な焚き火が出来るだけ幸せなのかもしれない。寒いだろうと予測して集めた大量の薪は今度は熱すぎた。今回から、自分は下はジャージに変えて、新しく“沢パン”なるものを採用していたが、一瞬で乾いてしまった。ちなみに沢パンは、値段は張るが、生地が薄くすぐに乾く。しかも伸縮性もあり、とてもいい。松乃舎さんに宣伝しておいた。
決して暖かい夜では無かったが、逆に完全武装をして寝たのと、寒さのため虫がいなかったのか、昨夜より快適な夜を過ごした。

8月14日(火)晴れのち曇り
 今日は最終日だ。泡滝ダムのバスに間に合うべく早めに出発するつもりだったのが、結局7時前となる。昨日軽く偵察をしていた滝をお助け紐で登るが、3m,6mの先にまた直登不可の13mの滝がかかっているためにここから巻くこととする。これもまた両岸が高く切り立っているために大巻きとなるだろう。ゼンマイ等をつかんで小尾根に登り、そこからかなり濃い潅木藪を登る。この巻きもどんどん上へ押し上げられ、朝一番から苦戦した。途中、最後の二又の右俣を確認したが、雪渓と、巻くことも難しそうな滝があったので、時間稼ぎのために右俣を詰めようという案はボツになる。また、二又周辺はびっしりと雪渓で埋まっていた。

 ようやく緩やかになってきたところで、下降を開始する。途中、沢状になったルンゼを見つけそこを下ってゆく。ここで、シーバー交信を行ったのだが、長南パーティーと繋がったのに吃驚した。このルンゼは最後にスパッと落ちているので、自分が偵察を兼ねて懸垂で下り始める。すると、少し下りたところで、本流に直登不可な8m程の滝を発見したため、慌てて登り返す。
 このルンゼは途中に支流のようなものがあり、沢と平行に延びているようだったで、そちらを行くこととする。するとその終点から簡単に二又を埋めている雪渓の一番上に出てしまった。最後は楽であったが、この巻きに2時間もの時間がかかってしまった。

 そこから沢が軽く右に蛇行するところまではぐんぐん高度を稼げるゴーロが続く。そして右に蛇行するくらいのところから沢はずっと雪渓に埋まっている。アイスハンマーを取り出し、慎重に雪渓の上を歩く。所々雪渓が薄いところがあり、緊張しながら1人ずつ行くが、快適にどんどん登る。また、きっと気温は高いのだろうが、雪渓のお陰でとても涼しく気持ちが良い。まさに天然のクーラーだ。しかも、自然な涼しさで健康に良さそうだ。

 左から沢が1本合わさるところで一旦雪渓は途絶える。本流には直登が難しい2段10,3mの滝がかかっている。そこで、支沢を登り巻くこととする。この巻きも渋く、緊張した。下りの最後は今回山行で、最初で最後の懸垂下降になった。
 すぐに左から支沢が10mの滝を伴い入って、本流は5m,2段8,6mの滝がかかる。本流の滝はどちらもお助け紐で登れた。そして再び雪渓。もう源頭にも近く、雪渓は結構急だった。

 最後、この沢は変形三又のようになっている。一番高度が低いところに詰めあがる一番右を登る判断をしたが、同時に、この一番右がその先の滝や雪渓の具合を考えると一番登りやすそうでもあった。実際、最後の詰めは何とも無く、傾斜は急であったが草原に出た。お花畑を経て登山道へ。高度差があったせいで時間がかかったこともあって、登山道に着いたのは14時であった。

 バスは当然間に合わない時間であるので、携帯でタクシーを7時に泡滝ダムに来るよう依頼し、出発する。この頃には高曇りのようであったが、とても暑い。大鳥池を眺めながら1時間半で大鳥小屋に着いた。大鳥池はとても水量が少なく、湖岸が何mもの地肌を見せていて異様だった。
 大鳥小屋ではわらじのご一行とお会いした。八久和中俣に行ったらしい。話は盛り上がっていたが、まだ来ない松乃舎さんが心配であった。30分ほど遅れて着いた松乃舎さんは途中で突然痙攣を起こして、横になっていたとのこと。例え登山道といえども、安心してバラバラとなって降りてくることの怖さを感じた。松乃舎さんは、7時のタクシーに間に合って下山する自信がないので一人で、大鳥小屋に泊まっていくと言う。大分体調も回復してきており、大丈夫そうであることから、ここで別れて佐藤さんと2人で下山することとする。出発は16:15分。コースタイム的には、タクシーを呼んだぎりぎりの時間に着く感じだ。

 最後の登山道の下山はやはり疲れが溜まっていたのだろう、しんどかった。それでも頑張って約2時間、佐藤さんの後をハエ叩きでアブを追い払いながら歩き通した。最後になったが、ハエ叩きの威力には今回も世話になった。

 18:30薄暗くなった泡滝ダムに着いた。その瞬間、ものすごい数のアブに囲まれた。これは参った!と思っていたら、すでにタクシーが来ていて、汚れて汗臭いはずだろう自分達を快く乗せてくれた。ここでタクシーが早く来ていてくれなかったら、着替えも出来ないほどにアブにやられていただろう。

 タクシーは「ぼんぼ」に直行した。お湯が熱いのと股ずれで、2人とも湯船に浸かれなかった。当然もう東京へは帰れないので、入浴後は鶴岡の駅まで移動・駅前に泊まることとする。駅前の安ホテルに宿を取り、近くのラーメン屋で乾杯をした。お疲れ様でした。

 翌日は、朝9時半ころ新潟まで鈍行で行き、そこから新幹線で帰る。お盆の最終日にも関わらず、意外にすんなりと座って帰れた。(記:古川原)

<コースタイム>
1日目:9:25泡滝ダム9:55 − 11:00冷水沢出会い −12:30二又滝上13:00 −16:00稜線 −18:00 戸立沢(900m地点)二又テン場
2日目:7:00テン場 −10:45茶畑沢出会い12:20 −12:45八久和本流出会い13:15 −15:00 平七沢出会いテン場
3日目:8:00テン場 −11:30平七屈曲部手前11:15 −12:30屈曲部終了13:00−15:05 二又(900m地点)15:30 −16:30テン場(970m地点)
4日目:6:50テン場 −9:15最後の二又9:45 − 12:45稜線直下変形三又13:05 − 14:00登山道14:20−15:35大鳥小屋16:15 −18:30泡滝ダム

<1/25,000地形図>
大井沢、大鳥池

合宿の感想 (記 佐藤)

 冷水沢は高巻くような滝場が1か所で、易しい沢であったが、暑さもあり疲れてしまい、予定よりも時間が掛かってしまう。稜線の鞍部の密ヤブから、戸立沢源頭の池塘と草原が見えた時には、ほっととした。戸立沢は快適な視界の広がる急な草原に始まるが、時間も押していることから眼下に見える二俣付近の川原まで下れるか少々不安を感じる。しかし、源頭から源流部は斜度こそ急だが、どんどん下っていけ、予定の二俣には18時に着いた。
 2日目の戸立沢は中流が明るく、下流部が所々ゴルジュで、高巻いたらなかなか大変そう。
しかし、釜に飛び降りることでスピーディに行動でき、なかなか楽しかった。
 本流は何度も遡行しているが、今年は水量が少なかったため、かなり楽だった。早く平七沢出合下の砂地に到着したお陰で、早い時間から岩魚の刺身やなめろう、バター焼きを堪能した。
 3日目の平七沢は、3段の魚止めを越えた下流部は、ナメが多く明るく楽しい。2つのゴルジュは巻きが大きく、私にはきつかった。上流部では雪渓が現れたが、幸いに厄介なものは無かった。
4日目の平七沢上流部は雪渓が多いが、例年よりは少ないのだろう。すべて容易に登ったり降りたりはできた。しかし、泊まり場すぐ上の最初の連瀑帯は、最初のスラブ5m滝と次の2条8m滝は登ったものの、その上の2段15m滝は全く無理で、8m滝下まで戻り急なルンゼの上を越す大高巻きとなる。これも雪渓に降り、そこからは容易に二俣に行けた。再び雪渓をしばらく歩いた後の10m滝ももろくて登れず、再び高巻きで思いのほか時間が掛かり、これまた懸垂で雪渓脇に降りる。次の雪渓は長く、源頭の三俣まで続いていた。真ん中が本流と思われたが、時間が押していることもあり、雪渓から左岸の草付をアイスハンマー使用でトラバースする。今回でもっとも真剣なトラバースだった。右の沢の最後は、開けて気持ちの良い草原で、しばし登ると登山道に出た。
戸立沢はとても良い沢であった。しかし、平七沢は下流部こそ、明るいナメと登れる滝が多く快適だが、リベンジで今回初めて遡行した上流部は登れない滝が多く、個人的にはいまひとつであった。
また、春から体力づくりをしてきたつもりであったが、初日と最終日は体力不足を感じ、反省した山行でもあった。

平成19年夏合宿を終えて (記 松乃舎)
 遡行内容は記録係にお任せするとして、個人的には「おまけの1泊」が印象に残った夏合宿でした。
 夏合宿4日目(計画では下山日)、平七沢をオツボ峰と三角峰の間の登山道に詰め上がった。あとは泡滝ダムに下山するだけだが、とにかく暑かった。最初はお花畑を眺めながら順調に下っていたのだが、大鳥池までもう少しというところで突然体に変調をきたした。足が痙攣し始めてペースがガクンと落ちた。佐藤さんに先を譲った後、全身に痙攣が広がり(顔も痙攣)歩いているのもつらくなり体を横にして休んだ。残っていた少量の水を飲み、チョコレートをかじった。いつまでも休んでいるわけにもいかず、フラフラしながら歩き始めた。ようやく大鳥池に着き、頭から水をかぶり水分を十分にとって横になった。
 これでかなり体調は戻ったのだが、私は下山して午後7時に泡滝ダムで予約していたタクシーに乗ることを諦めて、タキタロウ山荘(旧大鳥小屋)に泊まることにした。無理をすれば下山できないこともなかったのだが、下山しても当日は帰京できず鶴岡のホテル泊は決まっていたし、翌日も休日を取っていたので無理して下山することはないという打算も働いたわけだ。
タキタロウ山荘は1泊1,500円、食事は無し、ビール(350ml)500円、ワンカップ400円。中はトイレも含めてとても綺麗だ。2階は貸切状態。ただし、日が暮れるまで室内は暑いので食事等は大鳥池を眺めながら山荘前のテーブルのほうが気分が良い。ただ、室内室外とも蚊に苦しめられた。翌朝は2時間弱で泡滝ダムに下り、9:35のバスに余裕で間に合った。
 帰ってから調べてみると、痙攣は熱中症のなかの熱痙攣という症状だった。大量に汗をかいたときに水分だけしか補給しなかったために、血液の塩分濃度が低下して、足、腕、腹部の筋肉に痛みを伴った痙攣がおこるというもの。私は熱痙攣というのは初めての経験だったので、痙攣が起こった時にはかなり慌てた。今年のような猛暑の登山時には、水分だけを補給するのではなくスポーツドリンクや塩分を含んだものも摂取することを心がけたほうが良いと思います。

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です