朝日・金目川左俣

2007年9月22日〜24日
L増田・松之舎・長南

2007/09/22 朝日:金目川左俣

■22日(土) 曇のち雨
 土曜朝の新幹線で出発。途中、新潟で米沢行きの快速に乗り換え10時過ぎに小国に到着。すぐに予約してあったタクシーに乗り込む。石滝集落はずれの大規模林道入口のゲートは幸いな事に開いていた(開いていないことのほうが多いそうだ)。小枕山トンネルを越えたところのゲートも開いていて、結局、金目川にかかる在所平橋まで車で入れて予定より早い入渓となった。

 空模様は思ったよりもよい。今日のテン場予定地までは特に難所もなく、高度差のないチャラ瀬と浸かっても腰くらいの淵が現れるくらい。途中、ヒラタケを採るが、今年のキノコは不作という声を聞く。タクシーの運転手も今年はトンビはダメだったと言っていた。たしかに目に入るキノコはツキヨばかりだ。テン場適地もこのあたりまでは多い。特に岩魚小沢出合とモチヤ沢出合はいいテン場だ。モチヤ沢出合には釣師のものと思われる真新しい残置ブルーシートがあった。最近、入ったのか走る魚影はみな小さく魚止までも近いので魚影も薄い。
 この日はのんびり焚き火を楽しむ。8時か9時か定かではないが雨が本降りになってきたのでタープの下で飲み直す。

■23日(日) 曇ときどき晴
 寝ながらタープを打つ雨の音を聞いていたが、起きれば雨は止んでいて天気もそれほど悪くなさそうだ。
 沢はゴルジュっぽくなるが磨かれている部分は2mほどという渓相がつづく。となりの石滝川の上流部と同じだがやや大きめな感じだ。5mと4mの連瀑は右から簡単に登れる。30分ほどで二俣に着く。1:2で右俣の方が水量が多い。
 左俣に入ると低いゴルジュになり右に曲がると2mほどの滝が2つ。上のほうの落ち口がトイ状になっている。まず、松ちゃんが左の壁から上がり落ち口のトイ状を跨いで越える。この低いゴルジュを越えると一旦沢は平凡になるが、不動山への支流を左から合わせる磨かれた釜と滝を持った狭いゴルジュがはじまる。
 滝自体は高くないが釜の周りが磨かれていてホールド乏しく上がれないものが多い。狭く曲がりくねったゴルジュの中を浸かって登り、突っ張りで越え、空身で登り荷上げを繰り返しゴルジュを抜ける。濡れるとこの時期ではやはり寒い。ゴルジュを抜け正面にスラブが見える頃には青空が垣間見え、しばし日光浴して体を温める。
 青空も広がり山肌の露岩が美しく映えてきたが、V字谷の奥には狭い裂け目がぽっかりと口を開けている。これまでと違い側壁は高く進むにつれどんどん狭まり高くなっていく。これが佐藤さんが言っていた井戸の底のようなゴルジュか。確かに見事な造形だ。大地の裂け目に入り込んでいるようだ。行き詰まりに見えても、浸かって取り付き突っ張り跨いで越えることができる。CSを越え6m滝を登ると日もあたり井戸の底から這い出た気分になる。
 次の8m滝。斜瀑だが下半分はトイ状になっていてそのまま淵になっている。巻ける渓相ではないので、浸かっていって取りつくしかない。松ちゃんがザイルを引いて空身で行く。取りつく前に側壁を跨ぎ取りつこうとするが滑るようで一旦後退したところで滑って落ちる。高さは2mもないが胸を強打したようだ(この後、屈んだり登ったりする度に唸っているので肋骨にヒビでも入ったのではないかと心配していたが、やはりヒビが入っていたようだ)。増田さんに選手交代。増田さんは跨がず下から真直ぐ水流を浴び水圧に耐えながら上がり切る。荷上げして確保してもらい登る。
 ここまでのゴルジュ帯が核心部(と思っていた)で、770m付近の出合で12時台。予定通り今日中に下山できそうだ(とこの時は思っていた)。ようやくV字状も小さくなってきた、と、いきなり大きく10mとその先に12m滝が現れる。これは10mは左、12mは右から容易に登れる。
 この沢はあの狭いゴルジュで核心部が終わりではなく、ここから先の方が登攀的にはシビアになる。つまり核心はまだ続いていた。5m滝は登れず、右のガレから巻くがよろしくない。トラバースして落ち口上で後続を確保、そのまま懸垂で沢に降りる。ゴルジュに跨がった倒木をくぐりチョックストーンのような4m滝。両岸ツルツルで浸かっていってもハングっている。空身で落口までヘツり、荷上げで後続確保。その先には12m滝。これはちょっと取り付けない。右の枝沢から樹林帯まで巻き上がる。枝沢で一度、後続確保。12m滝を越えて沢に降りようとするが、まだ登れそうにない滝があるので戻り巻き続ける。降りたところはちょうど奥の二俣。16時15分。さっきから登る度に松ちゃんの呻き声が苦しくなってきている。そろそろビバーク地を探さなければならないが、左に入っても4m,6m,8mと滝は続き、8×10mでまた荷上げ、その先には遠目に登れそうにない8m滝が見える。これは明朝の宿題として、沢の流れを変え埋め立てならし草を支点にタープを張る。焚き火は諦め、着替えて今日はタープの下でゆっくりと飲む。まだ先がありそうだが核心は流石に越えたはずなので随分と遅くまで飲んでしまった。まぁ充実した一日のあとというのはそういうものだろう。時々眠りに落ちる松ちゃんの泡盛を増田さんと飲み干してお開きになった。

■24日 曇のち晴
 昨日、宿題においておいた8m滝も近づいてみれば登れそうなので空身で登り、荷上げで後続確保。この後もいくつか滝が出てくるが難しいものはなく、そのうちに沢は草に覆われはじめ、最後は急な潅木帯を登り薮を少々かき分けると登山道にでた。
 携帯でタクシーを呼び(ドコモは通じずAUはOK)針生平に下る。途中、サルナシの群落があり道草をする。この時期なのにまだ熟していない。暑すぎた夏のせいだろうか。1kg以上採り、松ちゃんに果実酒にしてもらうことに。
 小国駅に2時半過ぎに着いたのだが電車は18時前までない。駅前には何もないので考えた末、小泉までタクシーで行き(小泉まで行くと長井フラワーラインか米坂線の小泉発がある)米沢から新幹線に乗ることにした。
 行きも帰りも新幹線でタクシー代もかかったが、それに見合うだけのいい山行だった。(記:長南)

<コースタイム>
22日 10:50在所平橋11:40〜12:15ハキダシ沢〜14:10BP(560m付近)
23日 BP7:00〜7:30二俣〜8:15(650m付近出合)8:35〜9:40(690m付近出合)10:00〜12:20(770m付近出合)12:50〜16:15奥の二俣〜17:10BP(1050m付近)
24日 BP8:40〜11:00稜線11:30〜13:20大石橋

<1/25000地形図>
五味沢・徳網・羽前葉山

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です