南会津・黒谷川大幽西ノ沢〜丸山岳〜東ノ沢下降

2007年9月23日(日)〜25日(火)
L五十嵐、佐藤、大塚

2007/09/23 南会津:黒谷川大幽西ノ沢~東ノ沢下降

 前日は男鹿高原で仮眠。夜半から雨が降り、朝6時起きてみると本降り。しだいに天気は回復する予報だったが。只見までは遠いので、様子を見ながらということで出発する。

雨が止まないので途中寄り道をする。会津高原は雨だったが只見に入ると道路は乾いていた。大幽沢出合に9時すぎに到着した。
 雨は完全に上がり、引き返す理由もなくなってしまったので出発。堰堤まで左岸の山道を歩く。本流の川原からは思ったより高い位置に道がついていてアップダウンがあった。堰堤まで35分、堰堤から40分ほどで東ノ沢出合に着いた地形図の沢の字の下あたり左岸からの枝沢をすぎると、沢は曲がり始めところどころゴルジュになる。高さのある滝はないが右から左、左から右、へつりと時間がかかりなかなか進まなくなってしまった。特に朝日沢手前のゴルジュは小雨も落ちてきて圧迫感があった。ほとんど沢どおしに通過できたが一箇所だけ右岸を高巻き約10m懸垂した。朝日沢出合から5分ほどで絶好の川原があり予定通りテン場とする。薪はたくさんあり、おいしいイワナ付きで、ゆったりした夜をすごした。

 昨日ゴルジュの通過に時間がかかったので、5時起床、7時出発。今日はあこがれの丸山岳をめざしたひたすらがんばる!だけだ。15分遅れで出発。沢はあまりくねくねしていず、順調に進む。枝沢が入るところはテン場として使えそうだ。1074m手前の屈曲部は雪渓跡があった。その先のゴルジュは通過できず、左岸を手前に戻るように取り付き巻いた。右岸の岩壁を通り過ぎた先の5m滝は、手前の右岸ルンゼを登りトラバースし、40mロープ一杯で沢床に下りた。巻くと時間がかかる。この後、丸山朝日沢までは問題なく進めた。
 丸山朝日沢に入ると滝が連続してかかる。巻くと時間がかかるので、大塚さんが果敢に登り、お助けひもを出してくれる。空身、フィックス、ロープ確保は普段ならどれかを選択すると思うが、すべて使って登った滝もあった。**甘えすぎか?!** 大塚さんのおかげで稜線直下のテン場(薪あり)を見送り、水をくみ丸山岳に到着。なるべく平らなところを探しテントを張る。着替えが終わるころには、日が暮れ、山々のシルエットが重なり幻想的だ。沢の音がしない静かな夜は不思議な感じがした。

 夜3時ごろ雨の音で目をさます。増水すると帰れなくなるかもと不安になる。とにかくもう一眠り。明け方、雷がなる。光から音までの時間を計る。けっこうどきどきものだ。雷が落ち着いたころ起き出す。外はどしゃぶりだ。天気予報を聞くと新潟県に大雨警報が出ているとのこと。雨が続くようなら沢が増水してしまうため、逆にのんびりできない。雨の中出発準備を始める。雷は2時間ほどでおさまり、準備ができた頃には雨も小降りになってきた。
 昨日見えた山々はガスが垂れ込め見えないが、草原の中にはくっきり跡がついていて間違える心配はない。隣の小ピークの方が草原が広がっている感じだ。樹林帯に入ると道が不明瞭になったが尾根をはずさないように進むと草原になり道が二手に別れていた。沢に降りる方向に進むと薮の中に赤布があった。沢型になっているのでひたすら降りる。東ノ沢から丸山岳をピストンする人は結構いるのか、よく歩かれている感じがした。1046m付近は絶好のテン場と思ったが、あちこちに使った跡があり、どれも快適ではなさそうだ。少し下流になるが静かでよさそうな候補地があった。東の沢は距離は長いが歩きやすく下るにはよい。窪の沢出合のゴルジュは大塚さんは足がついたので泳がずにすんだそうだ。両岸に広がる原生林を見ながらひたすら下る。堰堤から大幽沢出合まで、帰りは川原を歩いたがとても快適だった。
 ようやく長い間、あこがれていた西ノ沢から丸山岳へ行くことができた。期待が膨らみすぎたところがあったがおもしろい沢だと思う。かなり人が入っているようだが一日日程がずれていて、沢の中では誰にも会わなかったので静かな山行になった。大幽朝日沢や白戸川洗戸川などから会津朝日岳にも行ってみたい。(記:五十嵐)

<コースタイム>
23日 出発10:05〜堰堤10:40〜東の沢出合11:20〜沢の字下支流出合12:35-13:00〜黒河原沢出合14:00〜朝日沢出合14:45〜テン場14:50
24日 出発7:15〜1080m8:45-9:05〜1225m10:50-11:10〜丸山朝日沢出合12:25-12:55〜1535m15:00-10〜源頭部16:35-40〜稜線16:50〜丸山岳17:00
25日 出発7:35〜休8:25-35〜1046m9:45-10:10〜窪の沢出合11:15-30〜東の沢出合13:10-30〜堰堤13:55〜大幽出合14:20

<1/25000地形図> 城郭朝日山、会津朝日岳、高幽山

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です