信越・佐渡山

2008年2月23日
L守屋、長南、増田、関

2008/02/23 妙高:佐渡山

当初、泊まりで浅草岳〜木の根沢横断〜八十里越を予定したものの、天候悪化予見、代表承認で佐渡山日帰りスキーに変更した。 スタート地点の大橋は風もなく青空が広がる。既に10台あまりの車が駐車。

これから天候悪化とは思えないのどかな空気。誰もいなければよいのだが、有名になってしまったルートで浅草の代替ルートなので仕方あるまい。私が初めてこの辺を辿ったのは1994年3月、泊まりで黒姫山スキー場から黒姫山を越え尾根を南下滑走し佐渡山のコルの登り返し氷沢川を下り杉ノ原スキー場に夕方やっと戻った。そのころはトレースもなかったしあまり乙妻山も知られていなかった。静かだった。私も本格的なスキーツアーを始めて間もなかったのでちょっと未知の世界で冒険の匂いもしていた。

何人も辿っているトレースで固められた林道をさっさと尾根の取り付け地点へ歩く。昼から低気圧通過で雪と見込みあまり休憩を取らずトレースの跡を黙々と佐渡山のコルに向かう。コル着いたところで雪が強まる。長南さんの天候の読みは正解。ここから広いブナの樹林となる。登っていくと別の3人パアティに出会う。彼らは一本手前の『窮な』尾根を辿ってきたようだ。  
雪屁は大きいところで10m位張り出している。増田さんは雪屁に注意したルート取りで樹林を進む。別の3人パアティは雪屁上を歩いている。気温が上がっているのに踏み抜くよ。わかっているのかなあ。山頂は猛烈な吹雪。エネルギーを補給して早々下山にかかる。予想通りの難しい雪質で板のコントロールがままならない。こういう時はあきらめてキックターンを大きくとる。下っていくとまた別のパアティが滑りだしていた。氷沢川の源頭を滑るのだろう。雪屁の3人パアティは板を担いで登ってきた尾根を下るらしい。
コルに向かうにしたがって低気圧の猛烈な雪のおかげで、こんどは滑りが少しよくなる。ゆっくり板に加重していくとどうにかターンできるようになった。
コルから先の下りの尾根は3時間あまりで20cm以上の降雪。すっかりトレースも消えてしまっている。湿った雪だが、ブレーカブルクラストを覚悟していたのでラッキー。小さな尾根は尾根の中心、谷川両サイドを使って下ることが肝要。尾根から林道に出るところで少々時間ロス。吹雪で景色が変わってしまい少し登り返して林道に出る。

大橋の駐車場は大雪で車もすっぽり隠れてしまっていた。帰り支度をする間でも雪は激しくたたきつけてくる。大雪で道路が心配。急いで荷物をまとめ杉野原温泉に向かう。駐車場には我々以外の車は数台まだある。今晩から明日は強烈な冬型。人気の多いルートは好みではないが、日帰りツアーにして良かった。(記:守屋)
<コースタイム>
23日(晴のち雪) 大橋900-1020佐渡山のコル-1100佐渡山11:15-林道13:10-大橋13:30

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください