北信・妙高前山

2008年3月22日
L長南、関

2008/03/22 北信:妙高前山

前夜、ランドマーク妙高で仮眠。ここは温泉(一応)にも入ることができビールも飲める。

赤倉観光リゾートスキー場のスカイケーブルとホテル第5高速リフトを乗り継ぎ、ゲレンデトップへ。有名ルートだけあって、朝一番でも3パーティが準備している。
登り始めはブナ林。ダケカンバが増えるころから急登になる。北東から尾根を合わせるところが雪庇になっていて乗り越え稜線にでる。そこから前山までは緩やかな上り。ゲレンデトップから400m強、1時間と少しで大展望が得られる。あとから数パーティ上がってくる。
あまりゆっくりしていると雪が腐ってくるのでシールを外して滑り始める。最初は細い尾根と急斜面でうまく滑れないが、ブナ林に入ると斜面も緩くなり快適とはいえないまでもそこそこの雪質で苦労なく滑れる。
1000m付近で滝沢を渡りトラバースして、ホテル第2高速リフトの終点辺りにでる。
ぽん太でチキンカレーとビールの昼食をとり、1日券があるので、今年最後のゲレンデになるだろうと、くたくたになるまでゲレンデで練習する。3時過ぎにあがり、買い出しをして兼俣まで関さんに送ってもらい。再びスキーを履いて山荘に向かった。(記:長南)

<データ>
ランドマーク妙高:1日券付き仮眠5,800円

<コースタイム>
ゲレンデトップ8:45ー9:55前山10:20ー12:00ゲレンデ

<1/25,000地形図>
赤倉

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください