上越・日白山

2008年3月23日
守屋

痛めた足がどうにかなりそうになったので、増田さんに無理言って在京連絡を依頼して出かけました。?日白山は静かな山だと思っていたのに10人以上の人を見た。2月までは二居からも取り付く人は限られているので、『人の多さ』にびっくり。歩きは少数派で皆スキーであった。この山によく通っている友人の沼ちゃんのホームページの影響であろうか?

毛越沢林道を1時間、小松沢右岸尾根に取り付く。 ラッセルは皆無で昨日のトレース(スキー3人、ワカン5人)あり。なかなか変化があるルートだが、尾根が細くなると直登しかできなくなるので、スキーアイゼンを置いてきたのをくやむ。体力がないので直登の細尾根はスキーを担いで処理。 尾根の真上の雪屁を辿るところもあり、帰りはどうしようか考えながら登るが、ペースは上がらない。地図を見ると山頂からの尾根が小松沢に下るところがある。『下るならこれだな』とこの地点に来てみると下っているトレースがあった。沢床までは見えないが、雪屁はなく大きいブナの樹林帯で雪崩はまずあるまいと判断。
山頂にようやく到着。人がいるのでなんとなく落ちつかない。日白山の北側を滑っていく連中がいた。東谷山の北斜面はgood。同じような地形のここも良いのだろう。日は上がるに従って雪は腐り始める。下降時はグサグサでターンもままならない。目ぼしを付けていたところから小松沢に入る。小松沢は全てキックターンで下降。太ももが悲鳴を上げる。沢床は滑りすぎコントロールできない。体力がないのを実感。だましだましのスキーであった。やはりここは厳冬期にラッセルをしての山頂が似合うようだ。
(記:守屋)

<コースタイム>
23日 毛越沢林道(6:50)〜小松沢右岸尾根(7:50)〜日白山(11:50 12:10)〜小松沢下降(12:30)〜小松沢終了(14:20 14:30)〜毛越沢林道終了(15:00)
<1/25,000地形図>
土樽

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください