北信・袴ヶ岳

2008年3月23日
長南

2008/03/23 北信:袴ヶ岳

山荘を出て710m付近で林道をはずれ尾根に乗る。昨秋、キノコを見つけた木を確認しながら進む。急登になるあたりからあまり新しくないスキーのトレースが時折残っている。急登を登って平らになり振り返ると木々の間から妙高がよく見える。

柏ヶ峠までは緩やかな広葉樹の森で気持ちの良いところだ。このあたりになるとトレースがはっきりと残っている。先週来たという小屋主のものだろう。
峠辺りにはスノーシューの跡もある。これも先週くらいのものだろうか。袴ヶ岳への登りは急登になる。東側斜面は切れているがブナ林だ。西側斜面は植林。袴ヶ岳は何処が頂上かよくわからないが、頂上は平らな広葉樹の森でいい感じのブナなども残っている。
タングラムから来ているのか、ツボ足やらスキーやらのあとが結構残っている。展望は抜群で、妙高から黒姫、飯綱、斑尾と戸隠は隠れて見えないが北信五山のうち四山がよく見え、黒姫と飯綱の間には北アルプスの稜線が白く見えている。反対側も岩菅山、鳥甲山、鍋倉山などがよく見える。
天気は曇りなので昨日よりは雪質がよく樹間もあるので心地よく滑る。2ヶ所、小さな登り返しがあるが、面倒なので南側を巻き気味に滑る。それでも沢筋などで登り返しがあるがシールはつけずに登れる。もっとも最近いつワックスを塗ったのか定かでない板なので普通に手入れした板だとシールは必要だろう。この板、シールをつけなくとも結構登れるので、ワックスをかけるのも考えものだなと思ってしまう。
当初は、斑尾山まで足を伸ばすつもりでいたが、尾根筋もゲレンデになってしまっていて、おまけに万坂峠は除雪されて車が通っているので、万坂峠からタングラムスキー場の林道コースにでることにした。
タングラムから黒姫駅までは無料のシャトルバスが出ている。時間までホテルにある温泉に入る。こんなところに温泉が沸いているのか、と訝しく思ったが、成分表を見る限り、加水、消毒はしているものの本物の温泉のようだ。
「延徳温泉」と源泉名があったので帰って調べてみたが、延徳というのは中野市にあり、長野電鉄の延徳駅あたりで出ている温泉だそうで、なんとそこから引いているそうだ。山の上から引くのならよくあるが、ここは街から山へ引いて(上げて?)いるとは。直線距離で15km以上はある。道理で日帰り入浴900円と高かった訳だ。そんな離れたところの湯を山に引くのにどういう理由があるのか、無駄なことを東急もやるものだとは思ったが、黒姫駅までの無料シャトルバスにありがたく便乗させて貰っているので何も言えまい。(記:長南)

<コースタイム>
小屋発8:15ー10:00柏ヶ峠ー10:40袴ヶ岳11:10ー12:00タングラムスキー場

<1/25,000地形図>
赤倉・飯山

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください