奥秩父・滝川古礼沢

2008年5月26日
大塚

2008/05/26 奥秩父:滝川古礼沢

豆焼橋から滝川左岸の道を行く。概ね良く踏まれたトラバース道で迷うところはない。顕著な尾根の1217m標高点の部分だけ5〜60m登りがある。そこから200m程沢筋をジグザグに降りると崩壊した釣橋小屋に着いた。

滝川本流は前日の雨の影響か水量が多かった。周囲は新緑の盛りで若葉が美しい。良く晴れた沢日和だ。熊穴沢出合を過ぎてしばらく行くとゴルジュになる。小滝でも水量が多いので、水中にスタンスを求めると足払いを食いそうになる。日帰りなので本流下部はカットしたが、それでもこの水量はなかなかの迫力で楽しい。本流遡行らしい水量の多さが奥秩父の良いところだ。しかしブドウ沢の手前の滝場はフィックスロープがベタベタだった。これが奥秩父の悪いところ。こんな物は意地でも使わないぞと際どいバランスで越える。
古礼沢に入るとナメが続くようになる。一部倒木に埋まってしまっている場所もあるが、傾斜の緩いナメがサラサラと流れる渓相は、荒川水系では珍しいのではないだろうか。下部のゴルジュと上部のナメ。どちらも平凡と言ってしまえばそれまでだが、バランスの取れた良い沢だと思う。
最後は左岸の崩壊地からのガレに埋まってしまうが、それも僅かで古礼山と水晶山の鞍部にツメ上った。雁坂小屋経由で黒岩尾根を下山。
(記:大塚)

<コースタイム>
出会いの丘(6:30)〜釣橋小屋(8:10-35)〜古礼沢出合(10:25-45)〜標高1700m二俣(12:30-50)〜稜線(13:40)〜出会いの丘(17:05)
<25,000/1地形図>
雁坂峠

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です