谷川・檜又谷大スラブ沢

2008年6月14日(土)
L佐藤、長南、吉原、小池、古川原

2008/06/14 谷川:檜又谷大スラブ沢

天気:曇りのち晴れ
渡渉訓練前日の日帰り山行である。前夜は定宿の越後中里の駅のつもりが、先客により土樽に変更を余儀なくされた。しかし驚くべきことに、土樽駅舎中にはテントが2張あり、我々はホームと高架橋にて一夜を過ごす。土樽駅は工事中で電車は止まりこそしなかったものの、朝目覚めるまですぐ脇をずっと大音を立てながら通り過ぎていった。

朝は7:30に入山。林道からは本流堰堤すぐ下の吊橋を渡り、暫く道を辿って入渓点の取水口堰堤まで行く。歩き始めてすぐに雪渓が姿を現す。辺りではコゴミ、ウルイ、ウド等の山の幸に恵まれた。しかしながら、雪渓はまもなく沢全部を覆い、見渡す限り上流まで埋め尽くしている。幅広い谷底が雪渓にずっと埋まっている風景は圧巻であった。その雪渓の上に乗り、目的の大スラブ沢まで進む。出会いの20mの滝は、雪渓のお陰で半分くらいは稼いでしまった。念のため小池さん用にザイルを出した。
大スラブ沢に入り、正にその名の通りのスラブの中を行く。場所によっては気を抜くとフェルト地の足袋では滑ってしまいそうなくらいの斜度がある。グングンと高度を稼ぎ、振り返ると慣れない身体に高度感が激しい。水が花崗岩の白肌にちょろちょろと流れていた。
有名な段差のスラブも越え、11:00には二又についた。ずっとガスっていて、視界が見渡せず、皆一同残念がる。時折切れたガスの合間から見えた景色から、晴れた時の絶景が想像される。スラブの沢はやはり晴れていないと、と誰かの口から言葉が漏れる。
二又は左に進み、まもなく藪へ突入した。やや濃いめの藪を小一時間ほど漕ぎ、膝丈の藪の稜線に上がった。そこは、ガスが谷から湧きそのまま天上へ流れ込んでいる場所で、かつて上越の藪を漕いで徘徊していた頃を思い出してしまった。
登山道に出たのは12:30。下り始め暫くしてからよい天気となった。やはり天気が良いと気持ちが良い。遠くまで見渡せる山々が青く、所々に残る雪渓と鮮やかなコントラストを成している。さらに、下山道では大量の山菜が採れ、気分も上々であった。
(記:古川原)

<コースタイム>
蓬沢林道(7:30)−大スラブ沢入口(9:10)−二又(11:00)−稜線登山道(12:30)−出発点(15:00頃?)

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です