谷川・湯檜曽川抱返り沢

2008年7月6日
L大塚、斎藤

2008/07/06 谷川:湯檜曽川抱返り沢

早朝、土合橋から新道を行く。武能沢から湯檜曽川に降りて遡行開始。白樺沢を過ぎると早くも雪渓が現れる。ここから先の本谷は多くの雪渓が残っていたが、乗り降りが楽なものばかりなので、大した苦労もなく十字峡までたどり着く。

抱返り沢出合の大滝。一段目は右側をブッシュで支点を取りながら約50mロープを延ばす。二段目は傾斜が緩みロープレスで約50m。三段目は右側の藪をからんで巻き気味に。四段目は水流左の被り気味の出だしを越えれば後は楽で、念のためロープを引く程度。以降も10m前後の滝が続くが斎藤さんと二人なのでロープレスでグイグイと登る。最後に40m程の階段状の滝が現れ、これは中央のカンテ状から水流右に移って落口へ。これで出合から続く連瀑帯は終り、緩やかな流れに変わる。
ツメは抱返り沢上部の藪を避け、1673mピークの北東鞍部から大倉沢の支流に乗越し朝日岳へ。下山は強烈な暑さにやられて脱水状態で土合橋に着いた。
(記:大塚)

<コースタイム>
土合橋(4:40)〜武能沢出合(6:10-30)〜十字峡(7:30)〜連瀑帯上(9:25)〜1673m北東鞍部乗越(10:30)〜朝日岳(12:00-20)〜土合橋(16:10)
<1/25,000地形図>
茂倉岳

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です