朝日:三面川岩井又沢中俣沢

2008年8月13日〜17日
L大塚、斎藤、小池、五十嵐

2008/08/13 朝日:三面川岩井又沢(中退)

13日 村上からタクシーで入る予定が道路が通行止めのため、ムーンライトを坂町でおり小国からタクシーで奥三面ダム登山口まで入る。登山口の駐車場には車が数台で、今日入山するパーティはいないようだ。

歩きはじめの草むらでイナゴをつかまえながら50分。岩井又沢の出合につくと恒例のアブが寄ってくる。かつての一本橋はワイヤーだけが残っていた。アブの襲撃以外は特に問題なく水量も少ないようで本流どおしに進む。(斎藤さん曰く)とにかくここのアブは勤勉でやっかいである。最初の滝、S字の滝、5mV字の滝はすべて右から巻いた。夜行で疲れている身体を気力でカバーして、左岸から入るサゾウ沢をすぎ右岸2本目の沢、ウデコイ沢(日地出版のエアリアマップではワカバ沢)の対岸をテン場とする。
14日 天気予報が思わしくなく雨が降りそうなので朝早く出発。最初の5m滝を巻いたところで小池さんが蜂にひざをさされた!アレルギーがあるということでリムーバーを使って応急処置をした後、約1時間ほど様子を見る。大丈夫そうなので荷物を軽くして歩きだしたが、雨がぱらつきだす。ゴンジロウ沢あたりで雷がなり、これからゴルジュというときに・・・などと思っていたら、急に雨が強くなりみるみる水かさが増す。「やばい!」と昨日のテン場まで急いでもどる。水をくむのもまにあわず、沢はにごり水となる。いくらなんでも早すぎると思ったら、周りをよく見ると急激なにごり水の原因は対岸の枝沢だった。たぶん上流で強く降っているのだろう。増水が早いので昨晩とまった川原の、一段上の台地の草むらを整理し、小タープ2枚つなげて張る。なんとか張り終わったところで本格的などしゃぶりになった。本日は停滞。午前中かなり降った後、午後からは降ったりやんだりで、夕方はやんでいる時間が長く、小池さんが岩魚をつりあげ、焚き火で食事の支度もできた。
15日 夜半から明け方にかけてかなり激しく降り、遡行できる状態ではなく本日も停滞。天気予報、気象予報を小池さんが解読し、明日以降の行動予定を話し合う。大気が不安定で当分天気の回復は見込めないが、明日午前中はなんとか持ちそうということで、下山することに決定。午後からは比較的おだやかになり、天気雨に翻弄されながら干し物をしたり、釣りをしたり、思い思いに過ごした。
16日 とにかく早くでようと3時起床。明るくなるとともに出発。水量はやはり多めであるが、にごりも少なく遡行に問題はない。スピードを重視し、巻き道もひろいながら下る。マガ沢から右岸、タカノス沢からは左岸、モカケ沢からはまた右岸を利用する。本流に近づいた樹林にナタ目を見つけそれを頼りに下ると、かつて一本橋がかかっていたところにでて、橋のやや上流側に上手く下りることができた。対岸まで15-20m位。ロープを出してもらい渡った。ほっとしたのもつかの間。最後までアブに追い立てられ足ばやに山道に上がった。駐車場につき天気がよいので濡れたものを広げ、今夜は大石沢出合で泊まろう、結構距離があり時間かかるね、などと話していたら、2人パーティが下山してきた。ガッコ沢を遡行中、鉄砲水に遭って稜線まで数百メートル藪をこいだとのこと。車で入渓されていたので、一人載せてもらえないかとお願いしたところ快諾していただき、大塚さんが小国まで載せてもらってタクシーを呼ぶことになった。「今日中に帰れる!」コーヒーを飲みながら約1時間、タープもほぼ乾いたころ、タクシーが到着。小国は土砂降りとのこと。車に乗って峠を越えると雨が降ってきた。小国周辺は局地的な大雨で米坂線は運休となってしまった。予定列車の1時間遅れで今泉までバス代行となる。なんとかぎりぎりで最終の新幹線に間に合い、無事帰途についた。
小国で降った土砂降りが三面で降っていたら、下山も足止めになっただろう。そう考えると運がよかったということになるのだが、2度目の岩井又沢もほとんど遡行できず出合に戻ることになったのだから、やっぱり運が悪かったんだろう。アブと戯れた4日間だった。(記:五十嵐)

<コースタイム>
13日 駐車場9:00〜出合9:50-10:35〜休12:30-50〜シゲマツ沢13:45-50〜休14:25-45〜休15:50-16:05〜サゾウ沢16:30〜ウデコイ沢テン場17:10
14日 出発6:35〜休6:45-7:40〜ゴンジロウ沢・下降開始7:45〜テン場8:00頃
15日 (停滞)
16日 出発4:55〜休6:45-55〜コクゾウ沢7:15〜モカケ沢10:25〜出合11:40-50〜休12:25〜駐車場13:05

夏合宿・岩井又中俣  合宿を振り返って

山形・朝日連峰は沢屋にとっては、憧憬の沢の宝庫で或る。
彼等は、朝日を登るためにトレーニングを積み、力を貯え対峙する。
三面川・岩井又中俣沢は、まさにその対象に相応しい沢であろう。
泳ぎ・高巻き・ルーファイ・登攀etc全ての総合力を求められる沢である。

計画は、3泊4日で予備日1日
予報では、2日目の午後に小雨で3日目小振り、4日目曇りと好天は望めないが
荒れる事は無いようであった。
初日、晴れた気持の良い天気のもと1人100匹以上のアブの歓待を受けつつ、快調に泳ぎ進み予定のテン場・ワカバ沢出合に着く。
砂地の快適な台地に幕営し岩魚を釣り楽しい夕餉を過ごし、星空のした快眠。

2日目 4時起床・6時発 今日の遡行は大ゴルジュの突破から始まる。
多くの枝沢を持ち集水面積の大きい沢なので雨には細心の用心!と、考え早立ちする。
遡行を始めて10分程経ち小滝を越えた時に、メンバー1名が蜂に刺される。
当人はアレルギーがあり、アナフェラキーショックが心配れたが、対応する注射器を持っているとの事で1時間程その場で様子を見ていると、予報に反し小雨が降り始める。
この時点で沢深く入っているためエスケープするにも、先に進むか下降するか悩んでいると、突然、土砂振りの雷雨と成り沢は見る見るうちに濁りだし増水して来た。
迫る濁流に追われながら寸分の差で今朝のテン場に帰りつき、再びタープを張りほっとするのも束の間で、増水は止まらず台地を洗い始めて来る。
急遽撤収し、さらに高台のヤブの中を整地して張り直す。
雨は強弱が在るものの降り止まらず、明日の行動はもとより長期停滞も考えられ食糧の喰い延ばしを図る。

3日目 夜半にも土砂降りに見舞われタープの補強に起こされる。
朝、沢を見ると濁りは幾分取れたが水量はあまり減らない。本日の停滞も確定で或る。
定時毎に取った天気図では熱帯低気圧ができ、停滞していた前線を刺激し明日も不安定で昼からは雷雨の心配も在るとのこと。
明日も雨だと、三面川・本流を登渉し入渓しているため撤退は出来なく成る。
沢が大きいだけに水が引くのには時間が掛かるようだ。
しかし、昼過ぎから雨が降りやみ、雲も薄くなりだす。
僅かずつでは有るが水も引き出して来た。
このまま明日朝まで雨が降ら無ければ、なんとか撤退出来そう気配と成り準備体制を取る。

4日目 2時40分起床。各自身支度を整え撤収体制を取り夜明けを待つなか、
ぱらっと雨が降り危ぶまれるも降り止む。
増水した沢の下降は難しく危険であるが、初日の遡行時にメンバーが緻密な遡行図を記録して居たので、登渉も少ない回数で進み右岸左岸とうまく高巻き、マタギの道なども拾いながら本流出合に帰り付く。
本流は未だ水量が多かったが泳ぎ渡ることが出来、登山口にもどるが車を呼ぶ為には峠を越える18kmの林道歩きが待っていたが、休憩を取っていると偶然2人組の沢屋がやはり撤退してき、1人を小国駅まで乗せて頂け迎えのタクシーを呼ぶ事が出来た。
到着したタクシーに乗り、峠を越えると小国は記録的な大雨で電車も不通と成っていた。
限られたチャンスに、撤退できたのはメンバーが信頼・結束できたからであろう。

今回の行動に於いて一番の力と成ったのは
『沢胡桃・彼等は必ず来る』という絶対の信頼が根底にあったことである。
パーティーが無事でさえいれば、動くことが叶わず閉じ込められしまい長期戦になろうとも大丈夫、との確信があったことである。

思いで深い体験と、良いパーティーで合宿ができたことを感謝します。(記:斎藤)

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です