谷川・湯檜曽川西黒沢

2008年9月6日(日)
L佐藤、増田、小池

2008/09/06 谷川:湯檜曽川西黒沢

天気が悪そうなので、湯檜曽本谷を日帰りの西黒沢に変更。私と小池さんは初めてだが、佐藤さんは2回目。佐藤さんが2回目でも行くということは、期待できるということだ。

朝一番の電車に乗って、水上で乗り継いで湯檜曽駅下車。ここからバスに乗って、ロープウェーの山麓駅まで行く。ロープウェーの真下の道を歩き、ロープウェーが離れていくところから沢に下って入渓。
初めはゴーロばかりで平凡だが、左岸から2本目の支流を分けた辺りから滝とナメが出てくる。ナメはずいぶん長く続き、その上の滝も傾斜の緩い斜瀑で、快適に登れる。その後また平凡になるが、右岸からの支流を分けた地形図上の岩盤マーク辺りから再び滝が出てくる。
4m斜瀑、10m、5m、5m、4mといずれも快適に登れる。その上の10mの滝は左岸から高巻き、懸垂下降。熊穴沢の避難小屋方面へ登る枝沢を分けると、そこから先は地形図からでは沢筋がどうなっているのかつかめない。
1250m付近で沢が3つに別れ、本流である右を行くとすぐに連瀑帯となる。30m、20mの大滝を越え、いくつかの小滝を越えてさらに20m、8m、4m。このあたりの滝は、前回は雪渓の下だったそうだ。12mを右から巻いて一旦沢に降りる。4mを越えると眼前に20mの登れそうもない滝が立ちはだかる。ガスって来て遠くで雷の音も聞こえ始めた。どちらから巻くかしばらく迷ったが、リーダーの判断で左の草付き岩稜帯を巻くこととする。少し登ってトラバースし、右岸の枝沢に降りる。
小雨が降ってきて雷が少し近づいてきたので、この枝沢から登山道に出ることとする。(前回もそうだったようだ)。沢筋と登山道が平行になってきたところから右の登山道に向かって分け入る。雷の音が少し大きくなってきたが、急ピッチで近づいてはいないこと、雷鳴だけで雷光までは見えないこと、頻度が疎らであること、などから大丈夫と判断し、そのまま進む。藪こぎ少々で登山道に出る。幸い雷はまだ来ていない。急ぎ登山道を下って、ロープウェーを利用して下山。着替えてバスに乗る頃には本降りの雨となっていた。
前評判どおり、滝とナメのすっきりした沢だった。本流を詰めるとさらに滝が続いていそうで、また面白いかもしれない。ビールをいっぱい飲みながら帰途に着いた。 (記:増田)

<コースタイム>
入渓点(9:40)〜登山道(14:00)

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です