奥利根・登川米子沢〜奈良沢上ゴトウジ沢下降〜ブサノ裏沢

2008年10月4日〜5日
L佐藤、松之舎、小池、長南

2008/10/04 奥利根:ブサノ裏沢

桜坂駐車場は登山者の車で一杯だった。橋から見る米子沢は堰堤の連続。しばらく登山道を登り、沢に近づいたあたりで沢に降りる。スリット堰堤をひとつ越えると堰堤も終わる。この堰堤までは左岸に駐車場のあたりから道があるようだ。

長いゴーロ帯を終えるとナメ沢手前あたりから渓相は美しくなる。が、そのあたりで先行パーティに追いつき、この先、何パーティもの人たちと相前後することとなる。中には10人以上のパーティもいた。人が多い沢はうんざりするものだが、青い空と流れる積雲、紅葉の山肌、そしてナメと草原という景観はやはり素晴らしい。
二俣手前の左岸支流から1840m付近に詰めあげ、腰あたりまでの笹藪を掻き分けて上ゴトウジ沢の源頭に見えた小さな草原で大休止。奥利根の山々が目の前に広がる。
上ゴトウジ沢は特に下降で問題になるところはなく、滝もすべてクライムダウンで下る。ただ、15m滝は新人の小池さんにはロープを出すべきだったと反省。先行してクライムダウンする者はロープを後続に託すべきだ。
二俣に16時半に着。下流に河原のテン場を探しに行ってもらうが、あまり快適ではなさそうなので二俣の台地にテントをはり河原を造成して焚火場を作り宴を張る。

翌朝は7時半過ぎに出発。天気は曇りがち。チョックストーンを越え釜を持った3つの連瀑帯は左岸の草付きをトラバース。落ち口への下降になるので小池さん用にロープをフィックスしておく。残り2つを越えると沢は開けブサノ裏らしい開放的な空間が広がる。
ゴーロ帯を越え沢が右に向きを変えると20mの右岸側が岩壁になっている滝。草付きのトラバースになると思いロープを引いて登る。途中で下から考えていたルートは進めなくなりハーケンで支点を取りしばし上を探る。次の支点までのルートはなんとかありそうなので登る。ステルスソールならばっちり効きそうな岩質だがフェルトでは指先に力が籠る。ブッシュで次の支点をとり、登りきるが結構しょっぱかった。おまけに随分と時間を食ってしまった。ここは少し戻れば左岸の潅木帯が低かったそうなので高巻いた方が早かったようだ。
いくつか滝を越えると大滝が姿を現す。開けた場所にあるので圧迫感がなく明るい滝だ。残念なことに下段はかなり汚れた雪渓に埋まっている。前景が汚いので構図的にはよろしくない。左から雪渓の端にあがり終端手前から右岸の潅木帯に入ってトラバースしてテラスにでる。上段は豊富なスタンスがあるようなので左から登る。
大滝上で二俣となり次の8mは水を被って登る。松ちゃんは右岸の泥壁を登ろうとしていたようだが下からロープを要求してくる。右岸の潅木帯まであがりロープをフィックスするが、今度は確保要求がくる。松ちゃんが苦労するような泥壁&草付きのようなので、後続は確保して直登で水を被って上がってもらうことになる。
この滝を越えると稜線が見えはじめ源頭の趣だ。濡れて寒い、寒いと震えながら登るが、松ちゃんだけ濡れていないのはなんだかずるい。
次第に両岸が草原になり、振り返ると奥利根の山並みが見渡され爽快な気分で詰め上がる。詰めも薮はなく、ひょっこりと登山道に出る。
雲行きも怪しく日暮も近づいてきたので登山道を急ぎ下る。ちょうど駐車場に出たころに雨がパラパラと落ちてきた。(記:長南)

<コースタイム>
4日 晴 登山口−13:10稜線−14:40二俣−16:30出合BP
5日 曇 BP7:40−12:00大滝下12:30−15:15稜線−17:05登山口
<1/25,000地形図>
巻機山

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です