会越・蒲生川真奈川

2008年10月12日〜13日
L大塚、松之舎、小南、小池

2008/10/12 会越:蒲生川真奈川

当初の予定では2泊3日で、白戸川芦安沢、袖沢北沢の2パーティーに分かれて、メルガ股沢で集中という計画であったが、11日の天候が悪かったために断念。

日程を1泊2日に変更して、蒲生川真奈川に行くことにした。

10月12日
体調不良の2人が不参加となり4人で蒲生川に入る。真名川出合から左岸の林道を進むと直ぐに二分し、下の林道から堰堤上に降りて入渓。しばらく開けた河原が続きのんびりと歩く。大倉沢の手前でやや両岸が狭まり小さな滝場になるが、直ぐに開けて再び河原歩きとなる。宿場沢出合の先で地図上の道が横切る。その渡渉点に良い台地があったのでここで幕営。ブナ林の下でゆったりとした時間を過ごす。
10月13日
渡渉点から左岸の道を辿って引き返す。宿場沢の出合まではヤブの中の分かりづらい道だが、しばらく行くと段丘上の明瞭な道となり、昨日二分した林道の上の方に出る。なお、途中でお会いした地元とおぼしき沢登りパーティーの方の話しによると、地図上の道は渡渉点から先、分かりづらいが赤崩峠まで続いているとのことだった。
(記:大塚)

<コースタイム>
10月12日 真奈川出合(8:00)〜大倉沢出合(9:50)〜宿場沢出合(11:30)〜渡渉点幕場(12:30)
10月13日 渡渉点幕場(7:00)〜真奈川出合(8:30)

<地形図>
只見・駒形山

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です