上州・上ノ原登山口〜武尊山〜中ノ岳〜前武尊〜旭小屋

2009年2月28日〜3月1日
L五十嵐、関、小池

2009/02/28 上州:武尊

 時間の節約のため、上ノ原登山口までタクシーで入る。ちょうどそこまで除雪されていた。つぼ足のトレースがたくさん残されていて、そんなに登る人がいるのか、と驚いたが途中までで、そこからはトレースはもちろん赤布もなく夏道を思い出しながら名倉川沿いを進む。

沢をわたってからは雪もふかくなり、わかんをつける。沢沿いをつめ支尾根のコルにあがり休憩。スキー場に続く尾根にはスキーのトレースが残っていた。ひとのぼりして名倉ノオキにでると、快適な尾根となり、トレースもなく最高の気分。雪の下になった手小屋沢の避難小屋を越えると傾斜は急になるが、特に問題なし。そろそろ、藤原岳への登りの岩場かと思ったら、岩場は通らず、左から雪の大きな斜面をキックステップで登った。視界はよく雪面も安定して絶好のコンディションだ。最後に木の根っこをつかんで森林限界を超えた稜線に飛び出す。もう夢ごこち〜。景色を楽しみながらゆっくりと武尊山へ。たぶん本日武尊山に一番乗り。浮かれた記念撮影を終えると、武尊スキー場側から2人組が登ってきた。途中でスキーをデポし、日帰りだということだった。予定どおり三ツ池付近にテントを張り、明日にそなえ、はやめに就寝する。
 
 翌日起きると一面ガスが立ち込めている。とりあえず準備をしながら様子をみることにする。明るくなり、ガスで視界が悪いが、トレースもついているので出発する。三ツ池からは中ノ岳南面を巻きながら家の串のなだらかな稜線にでる。剣が峰手前の熊笹の原っぱはすっかり雪の下になっていた。スキー場からこのあたりまでくる人は多いらしく、ばっちりトレースがついている。トレースをたどっていよいよ剣が峰!と思ったら、見覚えのある屋根が見え前武尊に着いてしまった。トレースは剣が峰の北西を大きく巻いていたらしい。視界が悪く、まだかなと思いつつ、剣が峰への登り口を見過ごしてしまった。時間ぎれでここからエスケープ!というかすかなもくろみは断たれ、計画通り川場尾根をめざす。視界が悪く、ルートファインディングがむずかしい。経験豊かな二人に助けてもらい、無事に川場尾根にのった。最初のクサリ場は雪の下となっていたが、岩の上にのった雪は安定しておりアイゼンがよくきく。不動岩のクサリ場は、クサリで支点をとりながらロープを出して登り、ロープいっぱいの20m懸垂、足場をきって岩場の基部を巻き、スタンディングアックスビレイで雪斜面を登り返す。(これは練習〜) 狭い岩稜を行けるところを探しながら進む。昨秋はなんなく通過した高さ10mほどの岩場は悪く、クサリで中間支点をとりながら慎重に登った。特に上部のスラブはホールドがない上に微妙な傾斜でアイゼンががたつき緊張した。悪場を通過した後、ようやく視界がきくようになった。慎重に尾根をひろいながら下山したが、最後に勘違いして早く沢におりてしまい、そのまま対岸にわたると川場キャンプ場への林道に出た。川場尾根はアンテナが立っているにもかかわらず電話がかからなかったため、さらに林道、車道を約1時間ほど歩き、民家で電話を借りてタクシーを呼んだ。電話をお借りしたおじさんは、とても親切な方であたたかいお茶をごちそうになった。この日は12時間行動となった。
 長年あこがれていた上州武尊に行けうれしい。正直にいうと、冬山でロープを使ったのはずいぶん昔で、山行前の数日はプレッシャーで逃げ出したい気分だった。山行前から緊張するのは沢を含めても久々だったが、天気にもめぐまれ、会心の山行になったと思う。秋の下見からつきあってくれた関さんには強力に後押ししてもらい、急きょ参加してくれた小池さんには抜群の読図力で助けてもらいました。パーティの力は大きいです。ありがとうございました。昨秋、下見に行ったにもかかわらず、あまり覚えておらず、要所もずれていて反省しました。でもわかりにくいところに印をつけると面白さは半減するような気がするし・・むずかしいところです。(記:五十嵐)

<コースタイム>
28日 上ノ原登山口7:00〜コル9:30-50〜手小屋沢避難小屋10:40〜休11:00〜休12:00〜武尊山14:20〜三ツ池15:00
1日 出発6:35〜コル7:35〜剣が峰手前、休7:50〜前武尊8:15〜不動岩手前9:15-30〜昼12:30〜賽の河原16:20〜林道18:05

<1/25,000地形図>
藤原湖、鎌田

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です