朝日・小沢源頭部~三足一分山・赤見堂岳(手前まで)

2009年5月2日~5日
L長南、戸ケ崎よ、関、小池、稲葉

2009/05/02 朝日:小沢源頭部〜三足一分山・赤見堂岳

毎年、春合宿は紀伊半島の沢ということが「沢胡桃」の慣例となっていたが、数年前から沢だけでなく雪山と分散してもよいのではないかという声が強くなってきていた。

そして昨年度からは「春合宿は沢」という縛りは総会時になくした。なくしたが昨年は実現できなかった。今年になって沢パーティと山スキーパーティに分散して行うことができた。まぁ、それぞれ1パーティずつというのは少々、寂しいが。

場所は、昨年、一昨年と私が通ってきた「小沢源頭」である。一昨年は、守屋さんと。大越から、なだらかな稜線に上がり振り向いて見えた月山に感動し、東俣や中俣をハーフパイプのように滑り遊んだ。昨年はトガちゃんと。三足一部山の南に広がる、これまた魑魅魍魎とした地形(トガちゃんの表現を借りると)を目指したが西俣まで。西俣のブナの純林の中を源頭から滑り下りるのはこれまでで最高の滑りであった。念のために書き添えておけば、この山域、決して滑り重視の方々にはお勧めできない。我々の沢と同じく、山深く、沢と沢を繋いで渡り歩く、彷徨テレマーカー向きである。
一昨年の記録の最後に私はこう書いた。
「こんなところでベースを張って沢胡桃のテレマーク合宿ができる日を待ち望んでいる」
まさかこんなに近い将来に実現できるとは思ってもなかったのだが。少々感激である。

ともあれ。今年は三足一部山方面へ足を伸ばし、赤見堂岳方面(特に楢山沢源頭)の偵察がメインの目的である。サブの目的はいうまでもなく、美しい小沢源頭部をゆっくりと楽しむことである。
なぜ、赤見堂方面なのか?赤見堂から先は大井沢方面からの記録が散見される。小沢源頭部から赤見堂・大桧原方面への偵察ができれば、来年は、この慣れ親しんだ朝日でも山スキーのルートを自分なりに引くことができるということだ。

■2日 快晴
0時30分にJR小山駅に集合。稲葉さんの車で矢板ICから東北道に入るが予想以上の大渋滞。月山第一トンネルの庄内側パーキングに着いたのは午前7時過ぎ。少々、仮眠してから出発と考えていたが、仮眠の時間もなく早々に準備をして出発。

雪の量は少ないが、他の地域と比べ極端に例年より少ないということもない。ところどころ場所によっては多いところすらあるが、総じてはやはり少ない。パーキングの周りも壁になるほどはないが数cmは残っているので、スキーを担ぐことなく汚れた雪を避けスキーを履いて登りにかかる。
沢筋から尾根に上がり旧道に向かい平坦地を横断するが、ところどころ水が出ていてミズバショウが咲いている。旧道は年によっては大越の手前で道型がなくなり急なクラスト斜面になることがあるので、今年は手前の沢筋から大越に乗り越す。途中、天麩羅用にフキノトウを頂く。大越までは旧道よりも沢筋から乗り越したほうが早いようだ。

大越で小休止をして尾根に上がる。無木立の、広い「牛の背」尾根と名前をつけたくなるような尾根を、時折、振り返り月山を眺めながら歩くのは、毎年来ていても気持ちが良いものだ。ただやはりスノーモービルの走行跡は美しくない。
潅木が出てきているからか最近の走行跡は見あたらない。ここ数年は鶴岡側へは自主規制で入らないようにしているそうだが、そもそも森林生態系保護地域への進入は禁止されているはずが、地元の利権が絡むとややこしいことになる。
この山行中に出会わないように願いながら、鶴岡側の小沢東俣にシールを外して滑り込む。荷物を置いて沢沿いに下ってみるがすぐに沢が割れているのを確認して戻る。昨年より上流だがそうたいして変わらない。

東俣を登り途中から中俣に乗越し中俣の源頭へ出るが、陽気が良すぎて源頭部のうねりが砂漠のように思える。そんな「雪の砂漠」状態のなかを詰めあげ、鍋森-離森の稜線に出る。空身で離森へ登り朝日主稜線と湯井俣、八久和の展望を楽しむ。離森からの滑りは気持ちが良かったが、気持ちよく滑れたのはこの下りだけで、以降、暑さが原因なのか、黄砂が影響しているのか、滑走面にシールの糊がついてしまい、滑り心地は最悪に。剥がしてもワックスを塗っても効果なし。というわけで、西俣源頭から二俣に滑り込むが昨年の快適な滑りはなかった。

初日は、寝不足、暑さ、重荷で、それなりに疲れてテン場予定地の西俣の二俣に着いた。

■3日 快晴
今日は三足一分山方面を偵察に。テン場に荷物をデポして西俣の右沢を詰め稜線へ。この稜線も無木立の平らな地形。三足一部山までは、沢の源頭の緩やかなうねりが続く楽しそうな地形だ。三足一部山は小沢側が絶壁となっている。小沢源頭部の西側半分がよく見え、素晴らしい展望台となっていた。
ひとしきり展望を楽しんだあと、先ほどの穏やかなうねりを持った源頭に滑り込み、途中からひとつ尾根を乗越しテン場へ戻る。
大休止後、撤収して中俣へ向かう。

二俣を左沢に入り中俣の右沢との乗越しを越えるが、シールの糊が付着したおかげでシールをつけずに左沢を登ることができた。中俣右沢へはトラバース気味に滑り降り、そのまま右沢を詰め左沢へと滑り込めば、1179m南方の本日のテン場に着く。
水を確保すべく中俣を滑り降りる。右沢との出合で割れているがトラバース可能。昨年もここは割れていたが昨年より割れ方は小さい。しかし、昨年は東俣との二俣まで降りることができたが、今年はその手前、左岸の岸壁(昨年はデブリがあった)の手前で沢沿いに下ることができない程度に沢が出ていた。ここで水を確保してテン場へ戻る。

■4日 曇り
今日は、予定では赤見堂方面に足を延ばして楢山沢源頭部の様子を伺う予定だったが、初日に赤見堂岳方面を遠望した折りに見えた赤見堂手前の稜線の雪の状態から、時期が少々遅いと思われた。当初予定では赤見堂岳手前から楢山沢源頭に滑り込み、楢山沢右岸から稜線に上がって赤見堂を越え大桧原方面の偵察までと欲張ったものだった。とても初日の遠望からそこまでは行けないな、と思っていたが、幸いにもまだ天候はよいので行けるところまで行ってみることにした。

テン場の裏から尾根に上がり鍋森へ上がる。鍋森の頂上は天辺だけがヤブが出ている。風をまともに受けるからだろうか。昨年も1昨年も同じくヤブが出ていた。
ここから一部、北沢側は急で稜線から雪庇とともに雪を滑りずらせている。やはり八久和、湯井俣と挟んでいても西風は強く、朝日主稜線と同じく東側に雪が溜まって落ちるようだ。先は緩やかな稜線が見えているので、ここはスキーを脱いで潅木のヤブを漕いで通過。
1272mへは右から巻気味に登る。いい倒木だなぁ、と覗いてみるとエノキダケを発見。晩のおかずに頂いていく。
頂上手前が少々薮気味だが、そこを越えると楢山沢源頭部から赤見堂への展望が開ける。楢山沢の源頭部へは沢から2度来ているが、下降した折りにみた庭園のような源頭部が印象深く、スキーで滑りこむには楽しげな地形だなと思っていた。この時期に臨んでみるとなるほどな感じだ。左岸側は沢筋も尾根も1272mピークから先であれば滑れそうだ。ただ、右岸から登り直そうと考えていたが意外といいルートがない。赤見堂への稜線通しに行くには深沢乗越しの手前の2箇所ほどの雪庇と薮のリッジがポイントとなりそうだ。もう少し早い時期(3月下旬くらいか)の雪がしっかり着いている時期が適期だろうか。

来年のルートをしばらく考えてから、今回はここで引き返す。
行きのルートを鍋森まで戻り、中俣を下る。今日も昨日と同じテン場で泊まるつもりだったが、赤見堂までいけずにピストンとなったのでまだ時間に余裕がある。明日の悪天に備え、東俣まで移動しておくことにする。テン場の裏から東俣に少しだけ急な斜面を滑り降りる。急なので糊の付着した板でも滑る。二俣手前の開けたブナの台地で泊とし、今夜は焚火を楽しむ。

■5日 晴れ
予想外に天気はよい。どうやら今回は天候に恵まれたようだ。テン場の裏から大越までの尾根にあがり、名残を惜しみながら大越に向かう。大越手前で爆音が聞こえスノーモービルが見えたが、見なかったことにしておこう。駐車場へと滑る下りる最後の斜面でビンディングが板から取れてしまうというオマケがついたが、気分のよい春山を楽しめたので、最後の数mだったこともあり、それもまたよしとしよう。(記:長南)

※ 沢の名前は便宜上、906m二俣の左を東俣、右を中俣、二俣下流左岸の支流を西俣と仮称しています。

<コースタイム>
2日 駐車場7:50-9:00大越9:20-10:50下降点-11:00東俣-13:00中俣乗越-14:30離森14:40-15:30BP
3日 BP8:20-9:10西俣源頭-9:50三足一分山-10:30下降点-11:00BP12:10-12:50中俣乗越-13:40BP14:30-15:00水場16:00ー16:30BP
4日 BP10:30-11:00鍋森山-12:10(1272P)12:30-14:00BP15:00-15:20東俣BP
5日 BP9:00-10:40大越-12:00駐車場

<1/25,000地形図>
湯殿山、赤見堂岳

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください