帝釈・男鹿川アテラ沢左岸支流

2009年5月24日(日)
L増田、戸ヶ崎、稲葉、山本

前夜は男鹿沢高原駅に泊。天気予報に反して星空も綺麗に見えている。

24日6:45アテラ沢出会発。しばらく林道を行く。700mあたりで入渓、荒れている。800mあたりで「別の沢では?」との声。その後左岸の支流であることが判明したが、塩沢山北方の尾根に詰め上がる。途中1.5~3m位の小滝は何ヶ所かあり。山菜はアイコを少々。
9:20には尾根に到着。尾根には明瞭な踏み跡があり、それを辿って三依山へ。アテラ沢を下るか、芦ノ沢を下るか、それともこの踏み跡を辿るか・・。午後から天気が崩れるとの予報のため、時間のかかりそうなアテラ沢下降は止め、踏み跡を辿ることに。三依山西方の尾根分岐あたりで踏み跡は不明瞭になり、そこからは立ち木伝いに下って送電線巡視路、林道を経て芦ノ沢出会に下山。
地図読みの必要性を再確認した今年の初沢でした。それにしても「まるみ」のお蕎麦はおいしかった。(記:山本) 

〈コースタイム〉
 アテラ沢出会6:45―入渓7:10―尾根9:20/9:50―1264ピーク10:15―三依山11:05―送電線鉄塔12:40―芦ノ沢出会13:05

〈1/25,000地形図〉
 塩原、五十里湖

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です