谷川・檜又谷小スラブ沢

2009年7月5日(日)
L佐藤、小池、五十嵐

2009/07/05 谷川:檜又谷小スラブ沢

どこか1泊へ、と考え直前までねばったが、土曜の天気が悪く日帰りの沢となった。佐藤さんと小池さんは昨年隣の檜又谷大スラブ沢を遡行し好印象だったらしい。私は檜又谷に入るのはずいぶん昔のススケ沢以来である。

午後は天気が不安定なため朝早く出発する。本流は1箇所小さなゴルジュがあるだけでほぼゴーロである。二の沢をすぎたところにSBが残っていたが昨年より小さいらしい。対岸の滝沢には大きなSBがあった。
小スラブ沢は予想通り水量も少なく、ゴーロで出合う。3大スラブはどこにあるの!と思いつつ、沢が右に曲がるとスラブラブのナメ床となり、それがそのまま続きスラブ登りとなる。スラブはかなりの長さである。だんだん傾斜も強くなるが、乾いていれば快適でノーロープでOKである。対岸の大滝沢がよく見えるが、とても登れそうもない滝の連続であった。高さで視点が変わると滝の様子も変わるのがおもしろかった。小スラブの頭からはリッジをさけながら岩稜の尾根のひざ上位のやぶをかきわけ、踏みつけながら進む。尾根を回り込み登るところで軽く足を乗せた頭大の岩がはがれ落ち、小池さんのヘルメットを直撃。かなり痛かったようでしばらく動けず心配する。痛かったが、けがはなく大丈夫そうとのこと。よかった!(小池さん、本当にすみませんでした)はがれ落ちたところにはありの巣があったそうで、くやしいから写真もとったとのこと。(えらい!)
大スラブの頭、武能岳の西側の尾根と次第に歩きやすくなり蓬峠への登山道に出た。登山道からは抱返沢と雪渓の多い大倉沢が見えた。人の多い蓬峠をさけ、水場で大休憩し、山菜のポイントを教えてもらいながら下山する。車に戻るとぽつぽつ雨が降り出し、おふろに入ったころにはどしゃぶりになった。早立ちは正解だった。(記:五十嵐)

<コースタイム>
出発7:05~二の沢7:45-8:05~小スラブ沢8:35-50~休9:55-10:10~小スラブの頭手前10:35-40~登山道12:15~水場12:55-13:30~車15:10

<1/25,000地形図>
茂倉岳

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です