奥利根・楢俣川後深沢~同ヘイズル沢左俣左沢下降

2009年7月19日(日)~20日(月)
L佐藤、稲葉、五十嵐

2009/07/19奥利根:楢俣川・後深沢~ヘイズル沢

初日の予報が悪く、当初の笠科川のワル沢と井戸沢の遡下降を入れた2泊を断念、1泊とし、やむを得ず、林道往復の計画に切り替える。

7/19 曇り時々晴れ、のち時々雨 2時間半の林道歩きはかったるかったが、狩小屋沢出合からの楢俣川は明るく気分が良い。前深沢に入るとすぐに後深沢が15m滝で出合う。連続した3つの滝を快適に登った後は平凡になるが、中深沢出合い手前で再び滝が連続する。ナメの2俣を過ぎると再び平凡になり、奥の2俣手前で狭い河原を造成し、泊とする。
7/20 晴れ 翌日は右俣を登るが暫くは平凡。しかし、荒々しい山様が見えてくるとスラブ状態のナメとナメ滝が連続して楽しくなる。詰めはハイマツをよけて11時には稜線に出る。稜線からは尾瀬ヶ原や燧岳はもちろん、遠く奥利根の山並みが展望でき、景色が抜群だった。しかし、標高差900mの登りで疲れ、至仏山の山頂手前までは、登山道を下ろうかと頭をよぎっていた。が、山頂の人ごみと登山道の渋滞に嫌気がさし、当初通りヘイズル沢を下降する。
左俣左沢の初めはハイマツからアザミであとはゴーロで、ともに長い。渓相が良くなるとすぐ右沢との二俣。ここからはダイナミックで素晴らしい。右俣を合わせると水量も滝も多くなって申し分ない。林道に出たのは17時45分。林道を歩いてゲートには着いたのは20時を回っていた。
ゲートで待っててくれた増田Pに感謝!なお、合宿に向けて体力的には、十分にトレーニングになったが、私には疲れた!
また、二俣までのヘイズル沢は素晴らしく、次はどこかを是非登ってみたい。
(記:佐藤)

<コースタイム>
7/19 林道ゲート(7:45) 狩小屋沢出合(10:10~10:30) 前深沢出合(11:15~11:30)  休憩(11:55~12:35) 中深沢出合(13:20) 泊場(13:45) 
7/20 泊場(7:10) 二又(7:20) 6×8m滝上(8:30~8:55) 稜線(11:00~11:10) 至仏山直下(11:50~12:10) ヘイズル沢左俣左沢源頭(12:40) 右沢出合(15:20~15:40) 楢俣本流出合(17:45~18:10) 林道ゲート(20:15) 

<1/25,000地形図>
藤原、至仏山 

Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です